SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

重版出来! 第9話(感想)感激

★日テレ、フジテレビのドラマのホームページで放送後一週間無料視聴できます♪

f:id:vividlemon:20160608062429j:plain

見応えがあって今回ばかりは、大満足であった。
物語にすんなりと引き込まれてしまった。
しかし引っかかると言うと、相変わらずポッチャリとした心(黒木華)の顔が、高畑(滝藤賢一)と中田(永山絢斗)の重大な局面にいまいち合わないというか、(今更でもあるが)ちょいポッチャリし過ぎかなぁ~ってかんじもあったかなぁ。(笑)
(作り過ぎない方が可愛いらしくて説得力があると思うのだが。)
ともあれ今回はけっこう感動できる内容になっていたことでもかなり満足であった。

ほんとうは硬派な内容のものが描きたいのだという高畑であったが、
高畑のそんなコダワリがわかったのも、なるほど~とかなり引き込まれるポイントとなったのだが、引き抜き工作ってことでも、エンペラー副編集長の見坊(明和電機)の言葉に耳を立てるも聞こえん五百旗頭(オダギリジョー)の場面もかなり釘づけになってしまった。
沈着冷静な五百旗頭のもどかしさが観れるのもなんともいいのだよね~。
そして意外と見坊もいいかんじでもあったと思うのだが、そこに突然、梨音(最上もが)が現れてハチャメチャになってしまう、この場面ほんと濃いキャラがわんさかでもあったことでも痺れるばかりでもあったなぁ~。

最上もが(中の人であるが)ちゃんもかなり強烈な個性の持ち主で存在感もあることでも、実は好みでもあるのだが、とうとうというか、今回はどうやら高畑とは潮時でもあったということだったなぁ~。
エンペラーのネームを描いている高畑の熱意も伝わってきてよかったんだけど、
潮時ってことでも、梨音ともってかんじになったこの辺からおや?・・中田パ―トと絡むような気もしてくるような気配があったことでもウキウキしてしまった。(笑)

ようやくネームも順調に書きだしてきた中田は、女の子キャラが決まらなくて困っていたわけだけど梨音がくる~と思いきや・・2回ほどフェイントが入れられていたようなことでも、さらにトキメキ・・2回のフェイント後に、、ストーリーは突然にってことでも、来た~~この人・・前回の牛露田(康すおん)の娘のアユ(蒔田彩珠)ちゃんであったかぁ~。
その場ではわからなかったのだが、すっかり忘れていたことでも他のドラマかと思ってしまったのだが、この場面はともかく鳥肌ものであった・・。
(そうなると中田パートにまだまだアユちゃんが関わってくれると嬉しい。)

それにしても「ツノひめ」には勝てないというわけでもあったなぁ~。
ツノひめで終始括っているのもなかなかいい。
恐るべしツノひめでもあったのだが、なんていっても、「ツノひめが好きだ~!!」とそれだけを言いに来る無邪気な頃のままの五百旗頭もほんと感動的でもあった。
いつしか落ち着いてしまったことを嘆いてもいたのだが、作家さんのいい伴走者となる為に、気をつけなけらばならない事柄もしっかり描かれてもいたので、思いが伝わっていなかったことに、大声を上げる場面やら走る場面やら、ともあれ率直な言葉を伝える場面もかなりよかった。
もっとツノひめを描きたいのだという思いを高畑から引き出せた場面は、見応え十分であった。

そらに中田の今まで生きていてよかった、生れてきてよかったという言葉も強烈すぎたけど、
中田の連載を決める会議で、中田の根底にあるものをしっかり受け止めた伴走者として、連載の世界観をしっかりと伝える心もかなり見応えがあってよかったなぁ~。
恐怖を感じたら襲ってくるのだという・・中田の心をずーっと支配していた事柄がしっかりとカタチとして表現されていたことでもほんと圧巻であったと思う。

全ての登場人物たちが光り出した今回でもあると思うけど、もう、ほんと圧巻な9話であったなぁ。
そして全てお気に入りキャラになっていたことでも大満足であった。
いや~このドラマの実力が出た回であったことでも、かなりの出来であったと思う。

TOP