読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなTVドラマ感想日記

OUR HOUSE 第8話(感想)

2016春ドラマ

亡くなった母、蓉子(渡辺舞)と瓜二つの・・・蓉子の従妹である葵(渡辺舞/二役)が、伴家に乗り込んできたことでも、
アリスと揉めることになる今回。
いよいよ佳境に入ってきたといったかんじはよかったと思う。
亡くなった母親と生き写しでもあったから、子供達にとっては深刻な話しでもあることでも見入ってしまう内容になっていたなぁ。
まだまだ幼い二人・・新太郎(寺田心)、桃子(松田芹香)にとっては母親が帰ってきたと思っても仕方ない。
どこからみても母親としか思えない優しい葵でもあったから、アリスの立ち場はますます悪くなってしまうのも、仕方ないのだなぁ。
あの子はやるときはできる子だから大丈夫と、兄の光太郎(加藤清志郎)のことをきっぱり見切っている桜子(芦田愛菜)も可笑しかったけど、ピアノを弾いているときに葵がやってきて、あっけなく母親として受け入れてしまったか。
兄弟皆虜になってしまったのだが、桜子までもとうとう落ちる場面も、
せつせつと葵が父に惚れていたことなんかも明かして来たりと、こうなってくると不思議なもんで、アリスがいることが不自然に思えてくるようでもあったなぁ。
さらに父親の奏太(山本耕史)までも、葵とキスしちゃう始末だったのだが、綺麗な人でもあった葵演じる渡辺舞さんでもあるから、真希ちゃんがやきもちをやいてしまったかもしれないと、やはり気にもなる場面であった。(笑)

忘れているように思われるかもしれないが、一生つきまとうからね~真希ちゃんの旦那として。(笑)
こういう場面ってどうなんだろうね~それにしても、新婚そうそうでもあるし、割り切っているとしても人間だもの・・歯がゆい。ちなみに真希ちゃんのキスシーンは見たことがないけど、、琴音(松下由樹)おばちゃんのようにならなければいいのだが・・・。(笑)
そして、琴音おばちゃんの方も、そろそろ仲直り的な今回でもあったかぁ。
強がりを言っている二人でもあったけど、けっこうお似合いな二人もいいかんじでもある。
そして、その二人につい組まされてしまう院長の娘の南(藤本泉)も実はお気に入りでもあるのだ。(笑)
真相を知る南ちゃんが夫婦の中を取り持つことが簡単な解決方でもあるのだが・・。
たまには丈治(塚本高史)の店に琴音と飲んでいてもいいのに、残念でもあると思う。
次回は9話で最終回か・・。
まさに肩が凝らない家族もの(ちょっと時代を感じる面もあるがそこがいい~のだ)として、けっこういいドラマであると思うのだが、視聴者が少ないみたいなのは残念でもあるなぁ~。