SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

グッドパートナー 無敵の弁護士 第6話(感想)

週刊アスキー No.1079 (2016年5月24日発行)<週刊アスキー> [雑誌]

 資金繰りが悪化したイワシそば屋を助ける今回。
レッド(山崎育三郎)の昔話も出てきたのは意外であっただけに、苦労したんだなぁ~と、好感度もちょっとはUPしてしまった今回でもあった。(笑)
意外に説得力があったことでも、レッドへの好感度はさとみ(岡本あずさ)と同じUPしまくりである。
まぁ~熱海(賀来賢人)が咲坂(竹野内 豊)先生にちょっかいを入れるところも面白いのだが、
今回のレッドの一歩も譲らない姿勢は、ほんと説得力というか頼もしさでは熱海の上を行っていたことでも、好感度は急上昇しまくりであった。
熱海のようにグダグダしているだけではないことが判明したことも大きい。(笑)
どっちかというと、言う事を聞かないと殺されるという佳恵(松雪泰子)の下での仕事ぶりも観てみたいとかなり思ってしまったなぁ~。
レッドを貸してくれないかと熱海のバカでは役に立たんというところもツボだったけど、そんなことでもしっかりとした仕事ぶりを見せたレッドでもあったから、ほんと初めて山崎さんがいいと思うところでもあった。


相変わらずママ~とパパな二人でもあるが、ついつい娘の話になってお互い元に戻ったようなかんじもいいし面白いのだなぁ~。
どこか甘えているという感じも見うけられるようなママ~というところは絶対甘えているとも思えるし、さらにパパ~!っていうのも、くすぐられるというか甘えていると思うんだけどなぁ~。
仕事では敵意を見せる二人でもあるようだけど、仕事上はライバルというか負けたくないってことみたいなことでも、、ほんとベストパートナーであると思うし、BESTふれんずな二人がなんだか、じわじわっとクセになる面白さを醸し出し来ているのがなかなかいいかんじでもあった。
テレ朝、シリーズ化しているドラマは多々あるけど、このドラマもそんなドラマになりそうだというか、なってくれることを期待したくなってきたなぁ~。

猫田(杉本哲太)は不真面目な奴だけど、合コンばかりしているというのも、まぁこのドラマがお堅い弁護士ものであるということでもあるし、ガス抜きという役ってかんじなのだと、しっかり計算されているのもいい。
そして、それぞれのエピもバランスよく描かれていたことでも、かなりこのドラマに嵌ってきたみたい。

みずき(松風理咲)の離婚家庭ということでの共感してしまう男の子であるとか、佳恵にいいよる二人であるとか・・、合コンでのあの子であるとか、、いろいろと盛りだくさんなエピも家庭ドラマ向きな味わい深さとなっているのもいいかんじであると思うのだ。(笑)

 

女優美学W(東京カレンダーMOOKS)

TOP