読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなTVドラマ感想日記

99.9-刑事専門弁護士- 第6話(感想)陳腐?

2016春ドラマ

あまりにも好みでもない事件なことでも、(まぁ~事件はそっちのが多いのだが)感想もあまりどうでもよくなってしまった。

なので軽い感想なのだが・・・・マジでこんな内容をしっかり把握したくもないのだ。


主任検事・十条(中丸新将)がモット絡むと思われたのに、なんともあっさりし過ぎた。
二つの事件を繋いでいたのが目撃者の三枝 (平田満)ってわけなのだが、単に嘘の目撃証言をしただけってことだったのも、ほんとむかつく話しでもあった。
単純に資産家令嬢の事件ってことでも早く犯人を捕まえたかっただけって、、十条が犯人をかばっているとか何か身内の犯行ってかんじもしたので、かなり単純な内容にも、単純すぎて陳腐すぎてしまったかんじしかなかった。

犯人に仕立てられた若者と家族のことを思えば・・やはり、当時の主任検事や佐田(香川照之)共々罰を受けるべきでもあるが、そんなことはできそうにもないというか、縦割り社会の構図しか描かないというわけでもあるなぁ~。
元々弁護士の活躍を描くドラマでもあるから仕方ないのだ。

さらに明石(片桐仁)の怪我エピなどなど今回ばかりは面白味もかんじなかったことでも、ほんと陳腐なものになってしまったのが残念。

2話にまたいでいたことでも、検事の絡む事件かと思ったのに、ほんと単純すぎたのだが、何か難しい話のようにしてるところもあるから、、ムカッとさらになってしまったなぁ。