読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなTVドラマ感想日記

2016冬ドラマで魅力的だった役者さん。

2016冬ドラマ

やはり、魅力的であった俳優さんをまとめるのも必要だと思うのだ。
好みというかこれからも期待したいというか、ともかく目が離せない魅力的であった女優さんを主にピックアップしたいけど・・・
ちょっとその前にこっちも気になってるのだ。(笑)
「東京センチメンタル」の残り2話がちょっと気になる~~。
最終回は特に広末涼子が出る~ヨ。。。(笑)
4月8日(金)の最終回は卓三(吉田鋼太郎)と下町でデートをするのだってことですね。
まぁ最終回は4月8日の桜も満開になったときに出るらしいけど、広末さんって最近特に気になってもいるわけだなぁ~。
ともあれ広末さんの怪しい味も増してきてるので、卓三とのちょっとしたやりとりが気になるし、物語としてでなくキャスト的にも興味がある最終回。
木曜10時のドラマも冬クールはちょっと面白かったんだけど、なんとなく綻びが増していくのだ~ってことでも、なんか面白味もなくなってしまったのだが、キャスト的にあのお二人なことでも観てみたいとは思ったなぁ~。
人情的な魅力のある方がこのドラマの場合は多かった気もすることでも。

そんなわけで東京センチメンタルの詳細はこんなかんじ・・・

「東京センチメンタル」金曜深夜0:12~0:52(3月25日は休止)

  • 4月1日 11話「両国の恋」玲子(大塚寧々)の元旦那の桂崎啓介(豊原功補)が登場。
  • 4月8日 最終回 広末涼子と卓三(吉田鋼太郎)がデート。

1日の豊原さんもやはり気になるのだよね~。(渋さがいいというか、この人がドラマに出ると興味が湧いてしまうのだなぁ~。)
ともあれ東京センチメンタルラスト2話・・面白いものが観れるといいのだけどね~。(笑)

f:id:vividlemon:20160323025706g:plain

長くなってしまったのだが、冬ドラマで魅力的であった役者さんをまとめてみた。
嵌ってしまったドラマとそこそこ面白いドラマという二つに分かれるわけだけど、
ちなみ嵌ってしまったドラマは・・・
「ちかえもん」「白鳥麗子でございます」「ダメな私に恋してください」「逃げる女」
ってかんじ。

広末さんなどなど中堅的に躍進している方も気になるのだけど・・魅了されてしまった人はこんなかんじであった・・・

こうしてみるとダメ恋のキャストがかなり気になる人がいたなぁ~と思う。
松尾スズキさんは知らなかったのでウィキペディアで調べると・・俳優、演出家、脚本家ってことですね。ん~~
何やら酒井若菜さんとも繋がりがありそうな・・のだが、ともあれ優香さんに惚れる役でもあったから、雰囲気がなんか似ているとしても、スズキさんってドラマにもっと出て欲しいとかなり思ってしまった。ちょっとずれたついで他の気になる人は・・NHK連続テレビ小説「まれ」スピンオフドラマの清水富美加さん。中村ゆりかさん。土屋太鳳さん。清野菜名さんです。

2016春ドラマでも出るので期待したいところ。

春ドラマもけっこう面白そうなものがあるように、かなり思うのだが期待が高まる昨今。演出脚本の違いはあれど、シリアス コメディーの違いもあれども・・・魅力的な役者さんがいるとドラマも比例して盛り上がると思うのだ。

あ、魅力的な人というと、松岡茉優さんもウレロではかなり魅力が増していたことを特筆しておきたい。

2016年冬ドラマの平均視聴率

テレ朝水9と木8を除いた平均視聴率

  1. スペシャリスト12.67%(テレ朝)
  2. 怪盗山猫10.85%(日テレ)
  3. フラジャイル9.76%(フジ)
  4. いつ恋9.71%(フジ)
  5. ヒガンバナ9.62%(日テレ)
  6. ダメ恋9.46%(TBS)

 スペシャリストは予想外であったけど、さすがにテレ朝というかんじであった。
TBSがちょっと及ばない結果になってしまったのが残念。ともあれテレ朝・・水9・木8・木9と制しましたね。

ちなみに・・

テレ朝「科捜研の女 第15シリーズ」平均視聴率 (2015/10/15~2016/3/10)11.0%

科捜研の女 - Wikipedia

「相棒season14」平均視聴率(2015/10/14~2016/3/16) 15.3%

相棒 - Wikipedia

視聴率的にはBEST3を独占。

 

★視聴率から見えてくることでは・・・
木曜9時「スペシャリスト」は鉄板8時テレ朝ドラマの後にそのまま視聴しているという流れであること。つまりそうすると・・春ドラマもってことがいえなくもないかなぁ~。
まぁ、8時の「警視庁・捜査一課長」が内藤剛志主演の人気ミステリーシリーズ、待望の連続ドラマ化ということでも、わからない面もあるとしても、竹野内 豊vs松雪泰子『グッドパートナー 無敵の弁護士』は、けっこう今回も当たるかもしれませんね・・。(時間帯の習慣というのもあることでも、テレ朝らしさということでも・・。)

www.tv-asahi.co.jp