読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなTVドラマ感想日記

ダメな私に恋してください 第9話(感想)コメディー?涙。

2016冬ドラマ

f:id:vividlemon:20160124113538j:plain
「主任の大決心!彼女か私か」

ドラマはカテゴリー的には「ラブコメディー」ということであるけど、最近どうもラブコメディーというものはどういうものかわからなくなってきてしまった。
ブコメディーとして考えても、やけに軽いのだが、しかし、しかし重いかんじになっているのがなんだかマジ恋愛ものではないかと思ってしまうのだなぁ~。
軽いドラマであったのに、気がつくと重くなっているのはブレといっていいのかもしれない。

そんなわけで軽いプロポーズが軽すぎたことでも、軽んじられてしまったミチコ(深田恭子)であったが、春子(ミムラ)がここで出てくるとは思わなかった。
あのつかさず後ろからつかむ手には、うるうるうる~~と来てしまった。春子さんって歩(DEAN FUJIOKA)の事が好きだったのだなぁ~と思ったのだが、これまでなんとなくだったことでもなんとなくだったから、あの手で後ろを掴んだのは、ジ~ンとしてしまって鳥肌ものであった。
まだよくわからないのだがこのドラマの描き方が困るところでもあるなぁ・・・。これはどうもマジ恋愛ものではないかと思ったわけだけど、コメディーということになるのであろうか?
どうも前々からそこが気になって仕方ないのだけど、表面的にそうしているだけであって、内容はしかり普通に進行することでも、軽くて重いものになってるということになっているのではないかなぁ・・深キョンなことでも・・。(笑)

NHK「ちかえもん」の方がまさにラブコメディーといっていいほどだけど、ちょっと切ない恋を描いて満足させようって根端なのだなぁ~と思えてならないということが言いたいわけでもあるのだ・・。
このドラマはけっこう好みであるけど、冷静に考えてみるとそういったものが見え隠れしていて、鼻ついてしまってるのだが、主任(DEAN FUJIOKA)が重たいからなのだろし、みちこがミラクル深キョンワールドへようこそ~ってなことでも・・なんだかマイルド感に包まれてしまうのだ~ってことかなぁ。(よくわからない立ち位置で出来上がってるドラマであると思う。)
コメディーとしては中途半端であり、マジで描く恋愛ものとしても中途半端になってしまってるということが言いたいのだけど、そこはもうこのスタイルで次回まで行かなければならないのだが、ごちゃまぜオムライスなことはあるよね~というドラマになっていても面白ければいいのだよね。
今回は熱を出し寝込んでいる春子が苦しむ姿にも、、かなり!引きこまれている為に、、歩を掴む場面なんてウルウル~と来てしまったし、え?場面がそこだけってかんじで終わるのもがっくし・・となってしまった。
マジで恋愛ものにしてくれていた方が、すっきりと泣けるのになぁ~と思わざるおえない。(笑)
というわけで、内容はあまりないと思うのだが、主任の春子への気持ちに気がついたミチコと、そしてミチコの気持ちに気づきだした主任が揺れ動いての・・春子の手がちょっと待って。。。と、いうことでいいのでしょうか?
(作りが曖昧なものだとやはり、そこが引っかかってしまう為に、感想まで書けなくなってしまうというか、そこまでのめり込めなくて感想も中途半端になるということ。)おもしろ可笑しくするならば・・春子さんが重いのだ。ともあれ、このドラマ深キョンの自由さと某スペシャリストなツユポンの自由さは似ている。
ノー天気キャラを取り巻いて展開していくというスタイルのドラマであるなぁ~。
「自由奔放」な主人公に回りが絡むというのが主流になっていると思うのだが、ヒガンバナもまたしかりである。(笑)フラジャイルはノー天気ではなくて強面ということでも痛快さに欠けてしまったかもしれないなぁ~。失敗しないのでっていう米倉ドクターXの痛快さはつまり、「自由奔放」というキーワードであると思うことでも、フラジャイルは、痛快さがあまりなくなってしまったということかもしれない。
時代は自由奔放な主人公を求めているということになるかなぁ・・という結論であった。どうしても作りが気になってしまうことでも、(今までもであるが。笑)ドラマの感想でなくなってしまったよ。(笑)

ダメな私に恋してください 第1話(感想)
ダメな私に恋してください 第2話(感想)
ダメな私に恋してください 第3話(感想)
ダメな私に恋してください 第4話(感想)
ダメな私に恋してください 第5話(感想)
ダメな私に恋してください 第6話(感想)
ダメな私に恋してください 第7話(感想)
ダメな私に恋してください 第8話(感想)