SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

ちかえもん 第8話 最終回(感想)

f:id:vividlemon:20160129072851j:plain
*1

曽根崎心中万吉心中」

表面的にはとうとう来た~~ってものだけど・・精査すると.....ちとへんなものが出てきたかなぁ~。(笑)
まぁ、浄瑠璃だとか歴史的なものが絡んでいたとしても、1話から観てないことでもあるからさ~なんとなくわかったような・・わからないような視点での感想になってしもうた~ってかんじ。(笑)
しかし、しかし・・・
徳兵衛(小池徹平)とお初(早見あかり)の偽装心中は、瓦版で町中に知れ渡ったとしても、「身柄確保~~!」とかしなくていいのだろうか?という疑問が残ったなぁ~。(笑)
まぁ、2人の身柄がなくても・・バカボンの為に金だしゃなんてこともないちゅう~~こったろうなのだろうけどね~~。(笑)

「嘘とほんまの境目が一番おもろいやおまへんか。それを上手に物語にすんのんがあんたの仕事でっしゃろ。」というラストの万吉(青木崇高)の言葉をそのままこのドラマの感想としたいところでもあった。(笑)
嘘と誠の境目をうまくアレンジしたとは思うのだが、偽装はちょっと無理ではなかろうかと突っ込みを入れないわけにはいかないところでもあった。
無理やりすぎたことでも、少々乗れなかったのだが、心中したとなると痛快時代劇が泣くことでも、そうした方がいいよね~と魚心あれば水心になってしまった視聴者が続出してしまったかもしれない・・。(笑)
陳腐なことを言ってはなんちゃらと毎度言っておるけど、いや~陳腐すぎる~~と、トドメをさしてしまったりしてもいいくらいでもあったみたい。(笑)
さばをとって暮らしているとか・・?よ~わからんが、偽装するならば、夜逃げしてもよかったのではないか?という気持にもなってしまうのだけど、ともあれちかえもん(松尾スズキ)の情熱的な様子などなどからも、あの人形浄瑠璃にもちょっと鼻水が流てしまったみたい。(笑)
心中するという不幸を話しのネタにしてしまって名声まで得ようというアサマシサでもあるから、誰かに怒られそうだなぁ~とうろたえるちかえもんや、それが九平次山崎銀之丞)であったかというはっ!としてしまうかんじやら、ともあれ流れにそって楽しめたことは確かでもあったので、それほど陳腐とは言えない内容にはなっておったとは思うのだけどね~。(笑)お初とバカボンでなく・・そのままお袖(優香)とちかえもんの二人が心中することになった方がウルウルと泣けてしまったに違いない。(笑)すっかりお袖にやられてしまってるのだが、ちかえもんの恋の話も、目と目があってしまったりしてお似合いであったことでも、こっちの恋がやはり気になってしまったなぁ。

ちかえもん 第3話(感想)
ちかえもん 第4話(感想)
ちかえもん 第5話(感想)
ちかえもん 第6話(感想)
ちかえもん 第7話(感想) 

www.nhk.or.jp

*1:お借りしました。