読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

猫侍 玉之丞 江戸へ行くSP(感想)

*ネタバレ注意 チョコット感想*

f:id:vividlemon:20160220043001j:plain
*1

以前、斑目久太郎(北村一輝)が白猫・玉之丞と出会うことになるエピソードにやられてしまったのだが、そこいらへんしか観てなくて、ほぼこのドラマは観てないのだよね~。昨年やっていたのはちょっとは観た覚えがある程度。(笑)
そんなわけであんまり熱心な視聴者ではないのだが、今回のSPはほ、ほ~なるほど、エピソードワンってかんじで、キラリと光る剣が振り下ろされようとしているまさに、玉ちゃんとの出会いとなるわけなのね。

今回は捨てられていた子猫が江戸にいくことになるまでを描いていたのだけど、
まぁ、面白かったかはちょっと観てのお楽しみってことにしておこう。
猫におばん・・。(笑)
寺小屋を任されることになった美和(山口紗弥加)をつかまえて、猫におばんは最高。
そして美和が寺小屋の先生として奮起する様子や玉ちゃんと仲良しになるあたりもなかなか面白かった。
おばんという歳でもないと思うのだが、美和が教える姿もなかなか似合っていて素敵であった。
紗弥加ファンなことでも今回観たのだが、え~半分ぐらいで美和パートは終わっちゃったのがなんとも残念であった。
もう少しというか美和の話なのかと思っていたくらいだったから、あてが外れたよ。
そんなわけで感想は美和の部分だけで終わりにしたいのだが、他は書く気力もないくらいなんとも、なんともであったってかんじ。(笑)
まぁ~江戸では「猫見屋」のおやじのカンニング竹山さんがふぎゃっとつぶしたような演技をしておって、おもろかったことは好印象だったかなぁ~。
玉ちゃんの具合が悪くなったことでも、猫医者のところに連れってったのだが、主人が長崎へ行ってるとかで、店番なのに1両をとるとは曲者でもあったなぁ~。
ともあれやはり、猫侍は久太郎と玉ちゃんあっての面白さなのだが、こういうストーリーであったら観なかったよね~。
そして、紗弥加さんが出てなかったらさらに観ない。(笑)そんなわけで予感はしていたのだが半分しか出ないとは思わなかった。

SPがやるということは・・またドラマが始まるんでしょうかね?
そうすると、美和と久太郎が出会い、意気投合してしまうということかなぁ?
あの竹山さんのような猫を玉ちゃんの代わりに可愛がっていたけど、猫を可愛がる姿も似合う美和でもあった。

nekozamurai.info

*1:お借りしました。