SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

家族ノカタチ 第4話(感想)

感想をライフワークに変更しようかと思うようになってきたのだが・・。
そんな意味あいからしてもだらだらと書いてます。

突っつきがいのある内容にはなっているし、ちょっとお洒落でもあるし、家族を語るドラマなことでも大介(香取慎吾)と葉菜子(上野樹里)のやりとりも心温まることでも、もう少し見守りたいわけだよね~。

もう、大介と陽三(西田敏行)と、そして息子の三人でこのマンションに住んでいるって設定でいいんでしょうかね。
そこがハッキリしないと、むかむかしてしてしまうのだけど・・なんであれもう、そういうことにしよう。

いまのところ大介家族への攻撃は三方向からであるのだが、しらっと鋭くぶつかってくる者と、気が付いたそこから入ってくるの?って人と、のったのた~と間接的に関わってくる人がいると思うのだなぁ。(まぁ、陽三と葉菜子は別もの)
まぁ、今回一番好みな人というのは、やはりさっそうとした田中莉奈(水原希子)であった。
通販で自転車(ロードバイク)を買ってしまうは、カタチから入る人っているけどかなり無茶苦茶な絵に書いたような人柄で、どこかの令嬢という設定なことでもさ~キッコさんにぴったりなのだよね~。

まぁ、律子(風吹ジュン)はぬたっとしらっとピアノ教室なんかやってそうだったし、
陽三もお世話ずきにもほどがあるというものだよね~。
関われとかーちゃんに言われたからといっても、陽三のルールはそうは変らんのに、今回は自ら喜んで~の口だから、設定がおかしいことにもなってるかなぁ。
そのうち学校にも怒鳴りに行きそうだよね~。(確定しておこう)
しかし、陽三の新ルールは今時の子とも共有していたというのは驚く事実であった。
大介のルールを共有するものは、つまりドラマの視聴者であるから、まずいんじゃないだろうかね~。
そんなことでもごちゃごちゃしているドラマなのだが、つまり昔のような大家族に結果なっていて、家族ノカタチとなっているのだってことなのだろう。(笑)

それぞれの三つ巴な今回、接点がないのも可笑しい・・・。

家族ノカタチ 第1話(感想)
家族ノカタチ 第2話(感想)
家族ノカタチ 第3話(感想) 

www.tbs.co.jp

TOP