Spring Star★

気ままなドラマ感想

逃げる女 第5話(感想)

 

f:id:vividlemon:20160118080214j:plain
*1

5話「あなたしかいない」

梨江子(水野美紀)と美緒(仲里依紗)は、あずみ(田畑智子)と施設で一緒に育った千夏(黒沢あすか)のもとへ。千夏が不在の間、留守番をすることになった二人。お互いの気持ちは反発と共感を繰り返しつつ近づくが、行き違いから美緒は去ってしまう。安藤(賀来賢人)は、のちの美緒らしき少女が関わった陰惨な事件に行き当たる。一方、発見された水死体があずみではないかと、半信半疑の佐久間(遠藤憲一)。梨江子の過去を探ろうと、児童養護施設の先輩職員・斉藤(高橋克典)を訪ねる。
(HPより)

良くも悪くも今期嵌ってしまったドラマは、このドラマと白鳥麗子お嬢様である。
深キョンにも嵌ってるかもしれない・・。(笑)

世の中の皆から叩かれて叩かれてそして、生きてきたんだ。。と告白する美緒(仲里依紗)には、なんだか・・・ぐぅぐぅぐっと~~と来るものがあったなぁ~。
こういうドラマを名作というのだと思うけど、世間のいわゆるルールに当てはまり難いのも残念なものだ。
生きる為に必要なドラマというか、そういうものが少なくなっている気がすることでも残念だよね~。
医療ドラマとか刑事ドラマの娯楽も必要であるけど、そればかりでは、、山猫ちゃんなだけでは、薄っぺらく感じるときもあるよね~。
いつから薄っぺらくなったのか、薄っぺらい作風ばかりになったのかと思うのだが、昨今の極悪事件が多くなった要因もそこに一因しているようにかなり感じる昨今でもあるなぁ~。
もっと、昔のような生活に根ずいたドラマを作ってもらいたいのだが、TBS日曜日9時もなんとも狙い過ぎているウザさを感じることでも、人間さを基調としたドラマが欲しいと思うのだ。
「すいか」とか「花嫁人形は眠らない」というか、「最後から二番目の恋」といった心温まるドラマが観たい。
DVなどテーマにしていくのはまだしも、、DVと殺しネタまっぜたようなハイブリッドドラマなんてつくってはいかんなぁ・・。(笑)
視聴率稼ぎを狙うだけのドラマが多くなってることも、悲しいよ。
(それが自分たちの首を絞める結果になってるとも知らないとは言わないけど・・。)

そんなわけで、あずみが海から上がったという事実が発覚した今回。
寝耳に水であったことでも、話が観えない。
あずみ(田畑智子)を待っていたのに、なんだこれ?ですよね~。
このドラマのルールはこんなのを平気でもってくるのか?ってものだ。
あずみが慕う千夏(黒沢あすか)が、あずみがもうじき帰ると言ったときの、梨江子(水野美紀)の「いつ!」には嘘も何もなかった。
あずみかここに帰って来ることを信じているとしか思えなかった。

なのでこの展開には驚くばかりなのだが、失踪していたという事実も知らなかったよ。
斉藤(高橋克典)による言葉もちょっと衝撃的なものだったのだが、
すべて含みをそっちに持たせるような展開も好かないというか、
上昇志向が強かったとか、悲しみを知らなかったらしいとか・・もう少し寄り添っていたら、えん罪が防げたということなのであろうか。
あえて犯人探しはしたくないのだが、斎藤さんとしても梨江子だとしても受け入れるだろうし、、喬雄(古谷一行)、結花(水崎綾女)だとしても、受け入れちゃうに違いない5話であった。
家族も許せないと思うけど・・美緒も第一候補にやはりしてしまう。
そういう刑事ものドラマではないのだが・・。

このドラマも結果的にハイブリッドなドラマなのね~。

逃げる女 第1話(感想)
逃げる女 第2話(感想)
逃げる女 第3話(感想)
逃げる女 第4話(感想) 

www.nhk.or.jp

*1:お借りしました。

TOP