SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

ちかえもん 第3話(感想)

f:id:vividlemon:20160129072851j:plain 
*1

「放蕩息子徳兵衛(あほぼんとくべえ)」

いや~ともあれ初めて観たことでも驚いたのだけど、
「想像をはるかに超えた痛快娯楽時代劇」というホームページの文面どおりの内容になっていたなぁ~。
ほんと新感覚ドラマだぁ。
そのためか登場してくる人物たちに見入ってしまうばかりであった。
これってHPに書かれている人物像とドラマから感じる人物がほぼ同じだと思ったのだけど、これってすごいよね~。
いや~何も言うことが無くなってしまうというか、まさに「鬼才」ってかんじです。

ともあれ万吉(青木崇高)の渡世人ぶりがほんとうに面白いというか、
演技というよりもなりきっているという感覚なのだけど、
他の人もこの物語の中に住んでいるのではないだろうかと思うくらいで、愛着が湧いてしまって仕方ないなぁ~。
ちかえもん(松尾スズキ)も、とにかく、おもろい人だよね~。
とにかく、ちかえもん、万吉、ゴクつぶし平野屋徳兵衛(小池徹平)は好みになってしまったなぁ~。

今回、小池徹平さんが演じるどら息子役が今までとはまったく違っていて驚いたのだけど、
いつの間にか、魅せてるよね~。
万吉が親不孝者の徳兵衛を利用して、孝行糖売りを逆手にとって不孝糖売りなるものを企だてるのはなんとも愉快であった。
歌って踊って絵になってるドラ息子徳兵衛であったが、なかなかすけいる隙もないほどのものであったなぁ~。
店の銭をくすねては遊びボケているひねくれ者であるのに、一筋芯が通っているってことですよね~。
そしてお初(早見あかり)と名前をお互いに呼ぶだけで、恋い焦がれてしまう関係も~あんな他愛無いのに楽しいそうでいいよ。(笑)
ゴク潰しボンボンはある程度まっすぐな人であるとは思ったのだが、ちかえもんはだた変わり者だ~としか言いようがない。(笑)
赤穂浪士の仇討は親不孝だという視点で、忠右衛門(岸部一徳)を論破しようとしたのも、あっけなかったかぁ。
この店で一番器量よしは誰だい?と聞かれて、私に決まってんだろう~というお玉(高岡早紀)もツボった。(笑)
まぁ、水を得た役柄だけにますますこのドラマが好きになってしまうというものだけど、あっちを観てもこっちを観ても好みな人ばかりになってきたなぁ。
そんなわけでも、ちょっとヘンテコリンな住人たちが織り成すテンヤワンヤ物語ってことでいいのだろうけど、ともかくいいドラマをもっと早く観るべきであったよ。(笑)

できれば10時台にゆっくり観たいのだよね~本心としては。

www.nhk.or.jp

*1:お借りしました。

TOP