SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

中田ジャパン決勝へは1秒の差というかんじで残念であったが、やってくれそうなチームになりそうですね。♪




長澤まさみちゃん、アンダーアーマーのイメージモデル・キャラクター。かっこいい~♪

「赤めだか」 年末ドラマ特別企画 (感想)

少々出ている方がどうも好みでない人もいたり、
好みな人もいたりとごちゃっと賑やかなドラマであったけど、
全体的にみて面白いドラマだったと満足。
そもそも俳優さんでない人も出ていることでもひっかかるキャスティングであるのだが・・。
(弟子入りしている4人とたけしさんは、ぜんぜん大丈夫だよ。)
たけしさんは、かなり引き付ける演技をすることでも、某ニュースのコメントをしている人とは大違いであったなぁ~。(笑)

とにかくあの弟子たちがかなり強力な面々であったのだが、
弟子たちと師匠だけで別のドラマができてもおかしくないような面白さだったなぁ~。
今回かなり面白いというか際立っていたのが、立川志らく濱田岳)。

いや~かなり曲者を演じていてよかったというか、なんというか、
変わり者だというかんじがよく出ていて、味わい深さを感じることが出来た。
ちょっとした毒をにじませるかんじがかなり好みだったのだが、
イイ事をいってほしいと談春に顔を向けてさりげなく言う場面やら、
なんでもないような談春との間もなぜかおかしかったなぁ~。
(妙ちくりんな役柄を演じきるのはさすがであると思う)

後好みな人というと弟子たちもけっこう面白かったのだが、
リリーさん演じる評論家のあの男・・・
ずばり言ってのけるのは的を得ていて、それでいて曲者ぽいいやらしさが、
ちょうどいい塩梅であった。

それにしても清野菜名さんはよく出るよね~。(笑)
コウノドリ」あたりから特に気になりだしてるのだが、ばしばしと出てるかんじなことでも、来年も楽しみでもあるなぁ~。
談春を気になりだすかんじが良く出ていた)
(ちょっと検索してみるとけっこう大御所との絡みがあるか?)
ちょこっとだったが平井理央さんもいいかんじであった。

ドラマの方の内容としては談志さん(ビートたけし)の人となりを楽しむということになるのだが、
心の立派さというか見据えているかんじがたまらないですね。
弟子入りしてよかったと思えるような人柄であることが、実によく描かれているのだが、
かずかずのそんなエピソードで綴られているというかんじと、
たけし流な毒のある演技というかんじも楽しめていいものを観たということにつきるかなぁと。

赤めだか・・

立川談春 『 赤めだか 』 (扶桑社刊)をドラマ化したということらしいけど、
なんだか落語のドラマがやっていたからついつい内容も面白そ―だったから、
最後まで観てしまったこのドラマ。(笑)

落語に興味もないし、どんなストーリーなのかぜんぜんわからないのだが、
テレビ局のHPを観てやっと納得という状態であった。
下町ロケットの名わき役というかんじであった談春さんのドラマであったのだけど、
この人を初めて下町ロケットで観たときは、かなり好みな役者さんだなぁ~というくらいで、
落語家であったとは知らなかったなぁ~~。

どうせビートたけしさんがいばってるドラマであろう・・と高を括っていたのだが、
ぜんぜんそんなかんじもなくて、いっぺんに引き込まれたというかんじだった。

主人公が下町ロケットのあの談春さんの物語と知っていればもっと、
引き込まれたに違いないのだが、何の情報も調べないままで残念・・。

談春さんってちょっと御茶目なかんじがロケットでは受けたのだが、
その点がなかったのがちょっとってかんじもあったし、
あの4人の弟子たちがクセモノぽすぎて、、かなり脚色しているのではないだろうかという疑問もわいてしまったり、
まぁそっちの方がおもろいからいいのだけど、
実際?はどうなのかなぁ~という疑問が出てきたくらいかなぁ。
ともあれ曲者な弟子4人とピリッと辛口な師匠の物語として満足であった。
年末、ドラマがあんまりないことでも、よく見る役者さんが出てくるたびに、、しみる、しみる~~ってかんじで、いや~ほっとできたぁ~。
ドラマがないと調子が悪くなる~~と実感する年の瀬。(笑)

 TBS年末ドラマスペシャル『赤めだか』|TBSテレビ

TOP