Spring Star★

ドラマの感想を書いてます。

★ちょっと中田ジャパンのことがやってたわけだけど・・そこで世界バレー女子14名を予想。リベロ2人は誰でもいいけど、セッター富永、佐藤さんで、荒木、長岡は健在だろうし、あとの8人はやはり黒後、石井、新鍋、古賀、 鍋谷、奥村、岩坂、島村とほぼ決まり切ってる感があるのが困りもの?
あ、これアジア競技大会とほぼ同じメンバーだけど、古賀でなくて野本になってるけど、まぁ、世界バレーもこんなかんじなんでしょうか♪
<テレビもろくに観てなくてもほぼ予想どうり。w>

下町ロケット 第8話(感想)

あんまり面白いところがなかったのだが、
今回は既視感の上に既視感を感じる展開であったと思うことでも、
さらにがっくりってかんじ。
同じようなものを二度観ることになってしまうとは思わなかったよ。

ロケットの話が最近終わったのに、
まだあのバルブが持ち出されるとは思わなかったのだが、
さらにこれは第一部とやらとまったく同じような展開じゃね~ってものだったことでも、
なんだかなぁ~って・・がっくりする間もなかった。

第一部ではバルブの納品の数が多かったことでも、
ぎりぎりまで悪戦苦闘する佃製作所の面々たちであったのだが、
まさに同じような展開になっちゃったよね~。

急に押し付けられ帝国重工に二度も煮え湯を飲まされたことにもなるのだが、
佃(阿部寛)もなめられたものでもあるなぁ~。
二番煎じにもほどがある。

「なんだかなぁ~」 「くそ~~!」と財前の前で、雄たけびを上げる佃が虚しかったのだが、
共同開発したとしても、うまくいくとも思えないから・・・
なんだかドラマも絵に描いた餅になってしまい~~の、さらに、
薄っぺら~く今までの重々しい雰囲気もぶっ飛んでしまったようだった。
裏工作やらやりたい放題になってることでも、
椎名(小泉孝太郎)一派の口から出てくる言葉に誠実&真実のかけらも感じられないことでも。。
薄っぺらいばかりだから、佃製作所を超えることはできないよって思っちゃうんだなぁ~。
超えなくても、ロケットをそんな奴らが打ち上げられるのだろうか?と思っちゃうんだよね~。
薄ベラ軍団はさ~~ドラマとして破綻したも同然であったかと。

後半は以前から手掛けていたガウディ―計画に全てを託すことになったのだが、
そこいらへんの描かれかたも地味~な展開であったから、
どうも、どこもいいところがない展開ばかりであったなぁ~。
ほんと、なんだかなぁ~な展開で、ドラマとしても自爆してるようなものじゃないだろうか。

TOP