読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

民王 第7話 感想

「謀反」

寝落ち気味であったりしたためかこのドラマ・・途中から少々話がわっからなくなった部分があるので、ごちゃまぜちょこっと感想です。
(初めは★5/5から回を増すごとに次第に視聴意欲も落ちてきたのだが、また、ツボに嵌ったことでも面白くなってきたこのドラマ私的に今は★★★★/5です。4.5あたり)

エンケンさんの総理!&手を上げるコントに、ようやくその面白さがわかってきたことでも、面白くなってきた。
毎度過ぎたことでも、「不便な便利屋」でのウザキャラにがっくりしたことでも・・なんだかなぁ~と。。なってそこで引いてしまったんだよね~。
毎回やっていたら廃れるのに廃れないというのも・・妙。
エンケンさんこれで一生食べていけると思う。)
(総理!・・・あの顔で手↑・・爆)

妙と言えばこのドラマあっちこっちギャグばかりで、一歩テンションが高いドラマであるのだが、
どうものりきれないかんじがあるのは、そのテンションの高さみたいなところもあるのかも・・・。
(ハイになってる人に、話が合いにくいのと同じ感覚かなぁ)

そういうわけでそもそも普通のテンションのときってあるのだろうかってものだけど、
普通なことなのか掴みにくいようでもあり、なんだかわからないということになってしまう。
ギャグで押し切ってるといえば、そうであるし、普通の武藤家ということなのかといえば、そう思えるしと・・・ん~~。
少々悶々としながらの視聴。

そういうわけで峯村さんの面白さに気が付いた今回であるけど、泰山の妻だと思ってしまうほど似合ってますね。

翔(菅田将暉)、泰山(遠藤憲一)、貝原(高橋一生)、城山(西田敏行)どこをみても同じ匂いがする面々。(笑)
というわけで、武藤綾(峯村リエ) 「劇団ナイロン100℃」--今回受けまくったことでもホローしてしまった峯村さんでした。
Twitterも変ってる~。B型かな。(笑)

エリカ(知英)にも嵌ってしまってるのだけどお色気でネットも、あんだけでパスワードが解けてしまうっていうのも恐るべし。
しかし色気がありますね。
そこにいた男たちが皆鼻血・・・。(笑)
貝原はやってくれるよね~。

貝原も妙な味わいがあって好みになったのだが、鼻血をおさえつつ、話しつつ、また押さえる演技・・。
かと思えば、子供の投げやりか~ってなかんじの、ぽいぽいポケットから探し物を放り出すし、、
まぁ、城山の配下に収まるらしかったのだが、貝原ってかしこそ~に見えるからこれまたってもので、歴史の人物名でもありますな。(笑)こういう設定はいいよね。
ちょっとあれこれ書いてしまったので、感想もこれくらいにしておきます。
内容は・・・まぁ、入れ替わったのがすり替えられたことでも、三途の河を渡らずに、翔を引き戻したというお話ですね。
あの政治家が絡んでたらしいが、そこんとこがわからなんだよね~。
ん~~なんかまだあったのだが、これであってるかなぁと思いつつも、まぁいいかぁ。(笑)

ドローンを吹き矢で落とす新田(山内圭哉)もツボる。いや全てツボなのだが、いい味出しまくってますね。
けして出しゃばらずに、神出鬼没な新田。

あっちこっちツボだらけなドラマであるなぁ・・。