SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

表参道高校合唱部! 第8話(感想)

「大切なことは自分に正直でいること」

いろいろな問題を抱えていたことになる宮崎祐(高杉真宙)君だったのかぁ~という今回でもあるけど、ちょっとばかり快人(志尊淳)エピも。。強引な展開になってきているようにも思う昨今。
合唱部の話から強引に引き戻されるようなかんじで、どうもやはりすっきりしない展開になってしまうようだったなぁ~。

美奈代(堀内敬子)と内田勇輝(石丸幹二)の話もなんだか掴みどころがないようで、
もったっとしてるし、えらい展開になりそうなかんじも匂わせて来たりもしていて、
まったくつかみどころがないなぁ~。
肝心の「愛の歌」エピがちっとも進まないのだが、ちょっとちょっと匂わせつつなのも完全に馬の前のニンジン状態になってると思う。

それにしても、やはり今回の中島美嘉さんが絡むことになる合唱部はよかった。

そして、かなり中島さんの演技にも魅了されてしまったのだが、
歌手として初めて出した曲「STARS」とコラボってかんじのドラマがあったのを思い出すわけだけど、ピリッとしたかんじは健在で変らないなぁ~と安心するところでもあった。

2001年10月、ヒロイン役を射止めたテレビドラマ『傷だらけのラブソング』(フジテレビ系放送、関西テレビ制作)で女優としてデビュー。
11月7日、『傷だらけのラブソング』の主題歌「STARS」をリリースし、歌手デビューを果たす。

wikipediaより

wikipediaによると、女優デビューのが先であったのか。

あまり意識することはなかったのだが、胡散臭いとか辛気臭いとかズバリ言ってくれると、なんだかスッキリしたのだが、どうも真琴(芳根京子)たちって、嘘っぽいというか、猫をかぷってるようなかんじもするからなんだかよかった。

そして、昔の親友であったというえみり(神田沙也加)エピソードも・・なるほどっと思うような展開に満足であった。
神田さんが回を重ねるごとにいい味が出てきているのがいいですね。

有明城田優)のことをデカい男と、ずばり言ってしまう美嘉さんであったのも痛快であった。(笑)

いろいろと胡散臭いかんじがあると思うので、(あまり意識もないのだが)もう少し絡んでくれたら自然体な真琴たちになるとも思うので、最終回も近いとはいえ期待してしまいたくなってしまった。
えみりとの関係をもっと、もう少し見たいよね~。

TOP