読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

ワールドカップ女子バレー2015 ドミニカ共和国戦 木村選手の起用の難しさ(諸刃の剣?)

「3-2で勝ち」f:id:vividlemon:20150613034108g:plain

あ~疲れた。
一セット目の好調な日本だったことでも、ストレートで勝てると思ったのに、まさかこんな激戦になるとは甘かったなぁ~。
もはや楽に勝てるチームなどそうはないのも事実ってことがよ~くわかりました。

去年の世界バレーは調べたら同じようにフルセットの末やっと勝ってますね。

3 - 2

25-21 25-23 19-25 23-25 15-12

 世界バレーは3次ラウンド進出が不可能になったことでも、調子を崩してしまったようだったのだが、まさか今回も厳しい試合になるとは思わなかった。

今回よかったのは、ミドルブロッカーの二人(島村、大竹選手)もよかったし、長岡選手、石井選手もよかった。
古賀選手もすごい活躍。
鍋谷選手もサーブが安定していてよかった。

しかし、木村選手がやはり、体力的だと思うのだがどうも後半から苦しいプレーになってしまったのも目立ったかなぁ~。

2セット目が初めから点差がついてしまったのだが、最後まで追いつけなかったのはもたつきすぎたのか、相手の好プレーだったのかわからないのだが・・。
3セット目は25-25からの攻防戦となり(息がつまる展開)、落としてしまったとしても・・・
どっちが取ってもおかしくない内容だったと思う。
ドミニカのサーブに最後はあっけなくやられましたね~。(怖いスポーツでもあるなぁ。)
強みをもっていることでも、すぐに試合をひっくり返す力は上であったようにも思うドミニカ共和国

しかし、何か全日本はここで落着けたようにも思ったけど何か吹っ切ったことでも、
4セットは楽勝であった。
そして迎える5セット目も、これまた激戦となって、なんとか・・
な~~~~~~~んとか踏ん張って取ったというかんじだったかなぁ~。
ほんとファンにとってはシンド~~イ試合でありました。

集中したときのドミニカ共和国は、いっぺんにひっくり返す力があったことでも
これからも怖い存在になりそうだけど、ちょっとしたもたつきもゲームを左右するということ。

アメリカ、中国もこれ以上の戦いになるのは明白なので、ともあれ勝てたことはよかったです。

他の試合もセットを落とせない戦いになると思うことでも、
セット率を睨んでの戦いになってくるので、やはり厳しい試合が続くでしょうね。

「調子がいい選手を使う」・・・その通りの采配であった。
木村さんの後半はちょっと厳しいですね。

何かリズムがくるってくるようにも思うのだが・・迷いは命取りにもなると思う。

 中田監督の久光製薬を応援してます。

私的には中田監督の久光製薬が一番応援しているのだけど、長岡さん、何かいろいろな思いをしょってたりしますかねぇ・・。
冷静で一点を見つめてるようなかんじも受けますね。久光も引退した選手がいるのだけど、まぁそういう事ではないとは思うけど・・。

5月の季節のかわりめでは、デンソーチームも井上選手、佐野選手もやめてしまったし、久光の狩野舞子選手もね~。

あれって間に引退してしまう実情も、なんだかなぁ~。
TVで活躍している姿を魅せられるも・・・ほんのわずかでもある。
まして五輪切符を落とすことになったら、(まだ来年あるでしょうけど)そこでおしまいなのでお茶の間からは観れないということですね。

へんなバラエティー番組などやらないで、情熱大陸みたいな火の鳥Nipponを全面に出す番組もあってもいいでしょうね~。

これだけ盛り上がってることでも。
少しでもジャニーズが絡まなくなってきたことは好印象だよね~やはり。

まぁドラマはいいのだけど・・月9はシンドイ。(笑)