SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

★5/26中田監督の会見があったようですね。伝説のチームにしていきたい・・も良かった。やるべき課題も見えているようで一安心。

ワールドカップ女子バレー2015 アルゼンチン戦 江畑選手も観てた♪

3対0で日本がストレート勝ち&江畑選手も会場で選手と元気に写真に納まっていたようです。(Twitter)これで一安心。(笑)

f:id:vividlemon:20160323024621g:plain

そして試合内容は緊張しすぎたとしても危なげない戦いぶりで、後半から自信へと変わったようにもかんじられました。

江畑選手がやはり元気な姿を見せてくれたことは、何よりの朗報であったなぁ~。
それならばテレビでも紹介してもよさそうなのに、出てましたかね~。

そんなわけで初戦ということでも緊張していることが伝わるようであったのだが、
かなり今回は緊張しているようにも観えましたね~。

心拍数が表示されることについては、疲れている選手に即対応できることも意味していると思うので、これはこれでいいシステムであると思う。
これは日本にとってはかなり有効ではないかと思ったのだが、
調子が悪いのか、それとも疲労が蓄積されているのかがはっきり数値で理解できますね。(さらにデーターが観えるのだとしたら、適確な判断ができるというもの)

試合こそストレートで圧勝という結果になったのだが、
特に1、2セットの中盤は接戦になっていて、もたついていたかんじでもあった。
定番な攻撃は見抜かれていたようだけど、
山口選手のブロード攻撃や迫田選手のバックアタックもあまり有効でなかったのもおやっと思うところでしたね。
しかし、木村選手の進化したようなサーブや、さらに長岡選手の力強いアタックなどなどかなり光っていたのも事実。
そして救世主ともくされる古賀選手があたりにあたっていたのも、日本にとってはかなり攻撃力に厚みが増して来たなぁ~と実感するところであった。
(かなりの出来だと思う。)

そして時間差攻撃であるけど、後ろから走り込む選手が(古賀選手など)
決めるというスタイルもかなり有効であったなぁ~。
つまりコンビバレーであるけどブロードと組み合わせたり、かなり幅が出てきた日本であったのも頼もしく感じるところだった。

セッターを第三セットは宮下選手に代えてきたけど、
第三セットは点差をつけて軽く走り抜けていったというかんじでしたね~。
1、2セットの古藤さんの持ち味もしっかりとわかる試合であったと思うのだが、
強気で明確な判断ができる人だなぁ~と思うところでもあった。

私的には久光製薬をなんていっても中田監督びいきであることでも、応援しているので、久光系スタメンは大歓迎であった。(笑)
古賀選手と同じポジションであるという石井選手も目が離せないですね。
重さも増して来たようで頼もしくもかんじられたなぁ~。

そんなわけで今日はロシア戦。
昨日のようには簡単に取れないと思うので、さらに苦しい戦いになるけど、全日本に自信というか明るさが見えてきたようにも感じられましたね~。

このロシア戦でどのぐらい戦えるのだろうかというのもわかると思うので、頑張ってもらいたいですね。

踏ん張ればわからない試合展開でもあると思う。

ともあれ江畑選手の元気そうな姿が観れたこと(Twitterごしではあるけど)でもよかったですね。