読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなTVドラマ感想日記

火の鳥Nipponの統率力と総合力(ワールドカップ2015)

女子バレー

ワールドカップ女子バレー開幕まで後一日。
こっちも厳戒
体制。(臨界ではない。笑)
そんなことは置いておいて、今火の鳥Nipponについて私的に思う事のまとめです。

 

五輪切符をとるにはやはり、アメリカ、ロシア、中国に勝てるかが誰が見ても大きなポイント。
しかし・・・
ワールドgrand prixの戦いぶりからしても、確かストレート負けが多かったことでもかなり難しいのもまた事実。

そもそもチームを引っ張るキャプテンが今、不在であると思うし、(木村選手の不調と荒木選手を切望したことでも・・。)
若手主体へとメンバーを入れ替え中ということでも、以前の火の鳥Nipponとは大きく違うのもまた事実。

20点からの踏ん張れないもどかしさが、grand prixではかなり感じていたし、
何かが足りないもどかしさも、けっこうあったと思う。

古藤千鶴選手をセッターに起用した理由は、声を出してチームを盛り上げている点であるとテレビでの解説であったけど、盛り上げる鍋谷選手もgrand prixでは目立ってましたね~。

つまり、それぞれの選手がそのことをよく理解しているようにも思われる火の鳥Nipponですが、まぁ木村選手を柱にムードが盛り上がってくればということなのだろうかと、どうもそんなふうに思うわけですよね~。

勝っているときはいいのだが、負けているときはチームをまとめる選手がいないと、みるみるバタバタしてしまうのだが・・
今年に入って新な戦力も加わったことでも、今まで以上にキャプテンとなりうる人の統率力が必要でもあるし、総合的なパワーで乗り切るということもまたありなのだということなのかもしれない。

今試されるのは、そのへんの問題と総合力だと思われますね。

ともあれ、セッターからの攻撃が重要になってくるので、久光製薬の古藤千鶴選手と宮下選手にボールが戻ったとき、どれぐらい得点できるかが勝因にツナガルと思いますね。

20点以降の踏ん張りもここらへんにかかってもいると思う。

ワールドカップのメンバー20名(HPより)

古賀選手と宮部選手の出来栄えにも期待したいところ。

ベンチ入りは14名?かと思ってますが、誰がベンチ入りしてもオカシクナイメンバーですね。
長丁場なので日によって調子のいい選手と交代もあるのでしょうね。

 

ニュースをチェックしてないので、ほぼ情報皆無なのですが、(笑)フジテレビもチェックしよう・・。

怖い国はどこも全部であるけど、去年の世界バレーでのすごい選手がいたキューバはちょっと怖いですね~。(つぶれてくれたことでも勝てたけど。)
ブラジルは参戦してないのでよかったのだが、中国、ロシア、アメリカはもう、125%ぐらい出さないと無理だと思いますね。(笑)

ともあれ勝てることを信じて戦うのみ!!

毎回しっかり観ます。

 

それにしても、他国の試合はYouTubeでストリーミング放送など、やらないのかなぁ~。