SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

★5/26中田監督の会見があったようですね。伝説のチームにしていきたい・・も良かった。やるべき課題も見えているようで一安心。

美女と男子 第16話(感想)

「新しいパートナー」

藤堂(名高達男)と遼(町田啓太)との映画撮影現場がリアルであったことでも、
見入ってしまったのだが、なるほどそういうことか!
まだまだ新米な遼は演じていればいいという考えしかなくて、ちっとも演じるという本当の意味を理解してなかったのか。
演じているだけではだめなのだということがわかったのだが、心からの思いで演技をするということなのだなぁ~。
感動させるにはやはり、表面的なお芝居だったら見抜かれてしまうということ。
まず魂が心が入っていなければいけないということですね。
ともあれ、演技が上手い人もいると思うのだが、感のようなもので演じきる人もいるだろうし、
しっかり感情移入して演じる人もいるだろうしと、あれこれ考えさせられるような場面でもあったと思う。

田中幸子(蔵下穂波)にしっかり自分を持って、心で演じるというようなことを一子(仲間由紀恵)が言っていたけど、
まぁ、遼にも言い聞かせたかったのかもしれなかった。
そして新しいパートナーの田中幸子ってことでも、その後の一子への嫉妬も切ないなぁ~。

後は・・「私はそう考えています!」というP三島(大西礼芳)さんであったのだが、
たどころ晋也(高橋ジョージ)へのオファーの場面も見入ってしまったのは言うまでもない。(笑)
なんだろうなぁ~天敵な一子との相性もぴったりだと思うのだが、妙な相性の良さもかんじてしまうのだよね。
朝ドラ、、、そういう意味ではなんともあっちこっち収穫に結びついているような・・。