SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

探偵の探偵 第4話(感想)

「第一章完結!炎の中の死闘」

これで一章が完結なのかぁ~。
それにしても矢吹洋子(高岡早紀)は現場に殴られるためにやってきたのかと思ってしまったけど、なんとも不自然であった。
(しかし、あのダマしていた前回も長いものにさらにかんじてしまったなぁ~。)
ちょっと展開が今回だけは、やけに早くて内容がいまいちついていけなかったのだが、
だいたいの内容がわかればいいってもんだ。

ともあれ阿比留(ユースケ・サンタマリア)が今回で、幕を閉じることになるとは思わなかったのだが、最終回まで引っ張るものとばかり思っていた。

まぁ~琴葉(川口春奈)はどうなってしまったのかっていうのも、心配だったのだが、
姉がいたのかって・・・
それも何やらワケアリな姉みたいなのが、少々やはりメンドクサイストーリーだなぁ~。
そもそももったりとしている展開なことでも、もた~りした布石・・・が気に入らないというか、そんな作風がどうもイマイチいやになる部分でもあるのだよね~。
(2は無理だと思う)(笑)

死に神の布石はうっすらとあっちこっちにけっこう感じられているのだが、やはりそれらしいかんじなことでも、須磨(井浦新)・・ではないことは確かでしょう。(笑)
思わぬところに布石を入れ込んだりとか、、なんかイライラする展開でもあり、早くてついていけない展開でもあり、つまり、意外とブレてるかんじもあったみたい。

どぴゃ~とか、が~~んとかアクションがなんだかすごいことになっていて、そこらへんで楽しいから全体的には満足なのだ。

しかし、ドラマの切れが悪いというか、統一感がないかなぁ~。

TOP