読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

ヤメゴク 第10話 最終回(感想)

始まった頃はかなりかなり、面白かったことでもその視聴率の低さにガックリしてしまったのに・・
アクションシーンも見応えがあったことでも、よかったんだけどなぁ~。
だんだんちんまりしてしまった為か、ストーリーが佳境を迎えるにつれて、
陳腐さも目立ってしまったみたいで、面白味が感じられなくもなってしまった。

ワケアリな影を背負っている麦秋大島優子)であったのだが、二転三転したことでもシラケてしまって、
(ブレとしか思えないし。)やはり後半はかなり面白味が感じられないドラマだった。

f:id:vividlemon:20150621013105p:plain

脇役キャストをあまり生かせてなかったのもモッタイナイのだが、
由美子演じる名取裕子さんも生かせないストーリーでもあったってこと。
なんだか最後はいいかんじで終わったのだが、全ての始まりでもあるあの神社にいないのかよ..。(?)
最後までじたばたしたことでも、ブレまくってしまったのだろう・・・。
有留(山口紗弥加)が麦秋を恨むばかりであるのも好みではなかった。

意外とツボであったのは谷川永徳(山口馬木也)であったよ。
シブくて説得力抜群でもあるのにへんな演出と台詞が好み。
たまに出るからということでもないと思うけど、ダル気味に麩菓子を食べているのがなんだかただでさえ面白いよね~。

佐野直道(勝地 涼)と対峙する場面はともかくニンマリしてしまった。

今度は脅すんですね。
そういう人(ギャンブル依存症ドロップアウトしそうな人)は刑事には向かないんですよ・・とか。
言葉にユーモラスさが感じられるのが、絶品でもあったと思う。
まぁこのあたりぐらいしか面白味はなかったかなぁ~。