読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

美女と男子 第10話(感想)

「危険なヒロイン」

第二部に入ってからいまいちぱっとしなくなったのだが、やはり沢渡(仲間由紀恵)と遼(町田啓太)に引き込まれてしまっていることでも、、ちらっと登場するAPの三島(大西礼芳)にも、ゾクっとしてしまってることでも、面白いドラマなのだよね~。
多少のブレは多めにみて視聴は最後まで続くことは間違いないドラマです。(笑)

いや~面白い人を掘り起こすのがうまい脚本家先生?であると勝手に関心しているのだが、APの三島さんがなんでもない司会ぶりでも面白くなってしまうなんて、狐目ばんざ~いってなものだ。(笑)

そらに沢渡を美人ですね~と言わせる台詞も好みであるし、ついついニンマリしてしまうのは私だけか?
なんだかツボをしっかり押さえられているわけでもある。

f:id:vividlemon:20150519102503j:plain*1

今回、東西テレビのドラマに起用された右京(中山麻聖)と遼なわけだけど、
思わぬ形で右京がディスられるとは思わなかったことでも、そのことで苦しんでいたので少しばかり同情してしまった。
右京にしても遼を見下していたから、バチがあたったと言えるのだが、
かれん(吉岡里帆)から侮辱されるとは思わなかったろうなぁ~。

かれんのあっからさまな行為が、二人に災いしてきたのはまぁ~それなりに面白かったけど、遼もえらいとばっちりを食ってしまったものだ。

オフィスイシノに2人の新入りが入ったのは、これから先何か起こりそうだけど、その他の面々は相変わらず状態であったなぁ~。
美しい月を見て一人寝る・・・だったか?相変わらず放哉を気取る昌男(森本レオ)やら、(笑)
中里麗子(真野響子)に首ったけな斑目草刈正雄)だったのだが、
カッコい~石野(前川泰之)社長が沢渡の愚痴を聞いているうちに、沢渡が酔いつぶれ、さらに送って行ったらいったで母親にも相談されてしまうとは・・。
やはり、似た者親子であった。

つい相談したくなってしまう甘いマスクが憎い。(笑)

*1:お借りしました。