SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

ようこそ、わが家へ 第10話 最終回(感想)

「恐怖の日々が終焉を迎える!全ての謎の答えが明らかに?」

家族愛という着地点は、、思っていたよりも無難すぎてぱっとしなかったなぁ~。

あまり感想もないことでもパスしようと思ったことでも、ただの愚痴です。(笑)

しかし、やはり感想はパスした方がよかったなぁ~と後悔しきり。

f:id:vividlemon:20130723040351j:plain
それにしても色々と妙なつぼを押されていたことでも、ついついちょっと面白いなぁ~と見てしまったのだが、蓋を開けてみれば大失敗でもあった。
今度からはよーく吟味して視聴するかどうするか、選ばないといけないなぁ~と思うのだけど、どうも最近のドラマって、手が込んでいるというか、演出がやけに考えてきている感じもしますね。
色んな要素を持ってきて見せつけるような、つまりハイブリッドってかんじになってきてると思うのだが、時代はどんどんあっちもこっちも巧妙になってきているってわけなのかもしれない。(笑)

なのでなかなか諦めがつかなくなっちゃうわけだ。(笑)

ずるずる、ずるずる、ずる~~~と、ツイツイ見てしまう蟻地獄状態。

感動も何もあったものではなかったのだが、
太一(寺尾聰)の謝る場面ばかり見てきたことでも、今さら真瀬(竹中直人)が謝っても、まぁ~この場面は山場だったのだが、炭酸が抜けて水みたいになったコーラーを飲んでいるような味気なさしかなかったなぁ~。

つまり、同じようなものを毎回見らされていると飽きてしまうってことみたい。
やっと光が見えるまでが、こんな長々としていたのも驚くドラマなのだが、疲れたというのが本音だ。

それにしても明日香(沢尻エリカ)の写真までも、ひっかけであったとは・・・。
演出の悪意すらかんじますね。

かなりひねくれているドラマの極みは、あのラストってことか。
いや~ともかくまいった・・。(笑)

それにしても七菜(有村架純)のエピソードだけは、家族というテーマにそっていたことでも、部分的には良かった~。

TOP