Spring Star★

気ままなドラマ感想

マザー・ゲーム 第7話(感想)

「ついにモラハラ姑に反撃!?…合唱発表会で涙する女達の事情

なんだか最近のドラマ、魅力がないものが多すぎる気がする。
このドラマもまたしかりでもあるけど、あんまり熱心に観るドラマでもないし、やはり感想もあんまりないんですよね~。
分析をするとママ友というよりもそれぞれは孤立しているし、
希子(木村文乃)対それぞれのママたちという構図。
「言わせてもらいます。」と意見をするわけだが、どうもそれぞれの家庭の問題になってきているみたいで、希子が家庭の秘密を観てしまったということが共通している。
毬絵(檀 れい)、みどり(安達祐実)そして由紀(貫地谷しほり)の秘密は秀徳(岡田義徳)が目撃した前回・・。
今回の聡子(長谷川京子)の場合は秘密はないようであったのだが、(一番やはりお気に入りなのは聡子さんでもある)今回でしっかり自分たちのことに口を挟まないでくれと、思いをやっとぶつけることができたのはよかった。
姑がやけにかるく引きさがったというか納得したのがおや?ってものでもあったのだが。
そこはへんにしっくりこなかったなぁ~。
それともまだまだそんなことで諦める姑ではないということなのだろうか。

このドラマも主人公と聡子さんぐらいしか、興味がわかないのだけど、
希子の息子もちょっと出来が良すぎるのが鼻についてしまい、どうも面白味がなくなってちゃってると思う。

f:id:vividlemon:20150509094650j:plain *1

ダメ男の方がまだ可愛げがあると言うもので、優等生の陽斗(横山 歩)君を憎むママたちもいてもオカシクナイのに、ぜんぜんいないのも不自然ってなものだと思う。
そしてつまらないかんじになってるのは、希子が一人で奮起していても、痛快さが伴わなくなっていることと、
これからの物申す劇場を考えると・・・今回は姑が敵のようなものだったけど、毬絵家はどうなっちゃうのかなぁ~てかんじでもあると思う。
誰に意見をするのか?敵は誰なのか・・・内容は普通のドラマと同じってことなのだなぁ~。
毬絵の家はもはや、ママ友レベルを超えてしまってるみたいで、そこで引っ張る狙いなのだろうか?

*1:お借りしました

TOP