読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

美女と男子 第7話(感想)

「ハリウッドが呼んでる!」

f:id:vividlemon:20150507120513j:plain *1

ハリウッドだとかいきなり過ぎることでも、ちょっとは怪しんだ方がよかったのに、
それと並行して沢渡(仲間由紀恵)の旦那の不倫問題が描かれたことでも、あまり今回は面白さがなかった。
やはり沢渡と遼(町田啓太)がメインなのだから、そっちを主に描いてほしいのだけど、
不倫とかも20話もあることでも、あれこれドラマの話だけではなくなってくるというわけか。
東西テレビのAPの三島(大西礼芳)と沢渡一子の場面ぐらいしか面白いところがなかったなぁ~。
それも2~3秒ぐらいだった。

7話ということでも回としては半分ぐらいなので、そろそろ動きが出てきたと言うわけなのだろうけど、
斑目草刈正雄)と大門(東幹久)が手を組んでしまったり、石野悟(前川泰之)までもが何やら班目と手を組むということでも
「ひのでプロ」に出向している一子の立場はいったいどうなってしまうのかなぁ~と
何を企んでいるのか・・息子を芸能界から引きづり落とすためにも、つぶしにかかっているのだろうか?

班目ががっつりと芸能界に関わってくるとは思わなかった。
やはり、不倫問題もがっつり描かれるとつまらなくなってしまうよね~。

*1:お借りしました。