SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

ヤメゴク 第5話(感想)

f:id:vividlemon:20150508071454j:plain *1

足抜けしたいという依頼者は本人だけでなく、その家族が間接的にという今回。

大輝(落合モトキ)と少年係の麦秋大島優子)の過去エピソードも入れ込まれていたことでも
3年前に何があったのだろうかと思わせる麦秋であった。
翔(北村一輝)の親友である藤田(坂田 聡)も今回やっと足抜けさせることができたというわけだけど
今回の立ちまわりはかなり迫力がかんじられたのがよかったなぁ~。
意外と藤田が柔道をやっていたとしても手強かったのもよかった。
飛び道具まで出てきたとしても、なんなくかわす麦秋のバクテンなどなど、痛快さが戻ってきたのもよかったなぁ~。
妙な演出もかなりやはり、大判ぶるまいになってきている。(笑)

冒頭あたりの投げる佐野(勝地 涼)も面白かったのだが、録画視聴なのに向こうの部屋で何があったのかぜんぜんわからなかった。あれはいったい・・。
演出がかなり力を入れてきていることがよくわかる今回、けっこう面白さが増してきてますね。


佐野が有留(山口紗弥加)にアドバイスするのも、遥(本田 翼)が見惚れてしまうわけでもあったけど・・アヤマチを振り返り、これからの人生を良い物にしていくのが肝心なのですよ・・という感じのことをマジで言う佐野の意外性もかなりいい。
何か雰囲気は柔らかいのに、できるオーラ―も半端なくかんじられることも面白かった。

5月14日放送分のあらすじ(第5話)(ヤフーテレビより)
‘足抜けコール’に連絡してきた老人(田村泰二郎)が、未成年の孫・大輝(落合モトキ)を足抜けさせたいと訴える。大輝は、薬物のあっせんや振り込め詐欺などの犯罪を繰り返す集団‘ハングレ’のメンバー。彼がグレた背景には、かつて所轄の少年係にいた麦秋大島優子)との確執があった。調べを進めるうち、橘(遠藤憲一)率いる「関東貴船組」に所属する藤田(坂田聡)と大輝につながりがあることが判明。麦秋は、2人を同時に足抜けさせる作戦に出る。

 

*1:お借りしました。