SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

マザー・ゲーム 第4話(感想)

「姑のモラハラと耳栓夫…父親の存在意義とは?女達の光と影」

f:id:vividlemon:20150509094650j:plain

ピュアーで明るくて元気な希子(木村文乃)がやはりいい。
そして、姑の理不尽な嫌がらせに耐え忍んでいる聡子(長谷川京子)さんも健気でいいかんじ。
この2人が特に好みでもあるドラマになってます。

姑の嫌がらせを受けていても不平を言うわけでもなく、
自分に落ち度があるのだと前を向いて頑張っている聡子であるけど・・
息子との結婚は反対したのに息子が初めて反抗したのだとか、嘆いてるのもかなり親バカな無茶な言い分でもあったなぁ~。
至らないのは・・と思ってしまうのは嫁の常としても、その家には家の事情というものがあるのだから、希子が人の家のことまで口出しするのはやはり御節介が過ぎたかなぁ~と思ってしまった。
今回ばかりは見えない家族の問題もあるのだろうけど、聡子さんは手提げ袋を持ってきたことでも
少しは嬉しかったというのはいい感じであったと思う。

嫁と姑の問題ってことでも、今回はマザーゲームというかんじがなかったようで・・
ママ友たちの嫉妬、見栄、嘘、裏切りなどのテーマから、それてしまっているようでもあったみたい。
やはり視聴率の点からも修正してきているのかもしれないなぁ~。
あまりこれは望んでいないのだけど「痛快さ」も薄まっているようでもあった。
(まぁ痛快さは初めから出さない作りになっているとしても。)

まとめ

今回は父親の話しでもあったけど、陽斗(横山 歩)に起因する事柄に動き出す・・
由紀(貫地谷しほり)、毬絵(檀 れい)、聡子、塾長のフネ(室井滋)ってことでも
ハラハラさせられつつも楽しめる内容になっているのが味噌ってかんじであったと思う。

小田寺隆吾(豊原功補)と小田寺毬絵夫婦の謎も動き出してきて
毬絵の謎と隆吾の謎と二つに分かれているのもへんなのだが、いったいどうなっていくのだろうかと・・意外と小田寺家も楽しみでもある。

TOP