SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

ようこそ、わが家へ 第3話(感想)

「遂に捉えたストーカーの姿」

あれ?まだ3話なのかと思ってしまったけど
何度も同じようなものを見せられていると、長いこと観ているような錯覚を覚えるみたい。
確か西沢(山口紗弥加)が憎き横領常習犯の真瀬(竹中直人)に
3回トライしたけど・・・もう3回だよね~ってかんじだ。
かなりお気に入りな西沢であるのに、今回ばかりはヨレヨレになっちゃってなんとも悔しいのだが
こちらもなんだかもう、このドラマはどうでもいいよね~ってなっちゃったみたい。

まぁ、真瀬の不正は西沢が握っているので、アルバイトをばらされても、最後は刺し違えるだけなのだし
真瀬もウカウカしてられないはず。(笑)

それを察して仲良し作戦に出てきたということなのかもしれないけど、
シルビアちゃんがやはり、いいかんじなばかりなので、どう展開していくのか・・
サイドストーリーな面に興味が出てきてしまったみたい。(笑)
ドラマもハチャメチャなかんじになってきているので、構えずに観れるような気もしてきたかなぁ~。
怖いドラマを観ていかなければいけないのだという宿命を負わされていたような今までと違って、
なんだか違う角度から観れる場面が出来たことでも、案外フラットに観れそうな気もしてきた。

しかし、どんどんストーカーの部分がエスカレートしてきていることでも
解決する気配もないことでも、いや~な面は増すばかりでもあるけど
まだ倉田家はストーカーを楽しんでしまっている余裕もかんじられるのが、ちょっとっとしても、セキュリティ会社に頼むしかないだろうに~という点がやはり引っかかってしまうし、刑事さんが見張っていれば、いいんじゃないのって・・・。
まぁ、そのへんはないことにして描かれるのであろうから、考えるダケ無理ってものか・・・。

TOP