SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記


芦田師匠~~(^^♪

ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~ 第2話 感想

「人の再生を邪魔する奴は許さねえ麦秋怒りの鉄拳!!!!」

大島優子さん演じる麦秋のキャラクターも、内容も好みなのだけど
ちょっとばかり漫画チックに感じられるような面が50%ぐらいあるし
さらに、復讐したいという面が見え隠れしているドラマになっていることでも・・
痛快さが薄まってしまっているようにも思えたかなぁ~。

SPECのような奇想天外な内容であったならば問題ないと思うのだけど、
どうもこのドラマの場合はシリアスな内容になっていることでも
奇抜過ぎたり、仲間を騙していたりすると、反対に説得力や痛快さまでも薄まってしまうような気もした。
麦秋を全面的に前へ押し出していくストーリーとなっていることはわかるのだが
そう思えてしまうような物足りなさがあるってことなのかもしれない。
気のせいもあるのかもしれないけど・・。

どうも貴船組組長・橘勲(遠藤憲一)を逮捕することが目的であったようなことでも、
倉持(でんでん)と妻の再出発を祝うラスト・・麦秋が嬉しそうでない様子からも
あ~よかった~という痛快さが半減してしまうようであったかなぁ~。

足抜けコールを利用して復讐を悲願しているかんじや、ホッとする隙を見せない麦秋なことでも
なんだか切なくて・・たまらなくて、絶えず戦っているようで、観ている方もそんなかんじになってしまうみたい。
そんな設定なので、ある程度家に帰ったら、笑っている麦秋がいてもいいのかも。
キャラが変ってしまうとこれまた、このドラマの場合は崩れてしまうんだけど、
どうにかやった~ってものが欲しいと思う。

そうそう、記者への対応でしくじった三ヶ島(北村一輝)の島送りの件が、
土下座でなんとかって場面は、面白味はあまりなかったみたい。

TOP