Spring Star★

ドラマの感想を書いてます。

★ちょっと中田ジャパンのことがやってたわけだけど・・そこで世界バレー女子14名を予想。リベロ2人は誰でもいいけど、セッター富永、佐藤さんで、荒木、長岡は健在だろうし、あとの8人はやはり黒後、石井、新鍋、古賀、 鍋谷、奥村、岩坂、島村とほぼ決まり切ってる感があるのが困りもの?
あ、これアジア競技大会とほぼ同じメンバーだけど、古賀でなくて野本になってるけど、まぁ、世界バレーもこんなかんじなんでしょうか♪
<テレビもろくに観てなくてもほぼ予想どうり。w>

デート ~恋とはどんなものかしら~ 第9話 感想

意味深な結婚式の冒頭の描き方からも 巧(長谷川博己)の両親の結婚式だったなんて・・・ まさかここで二人をクローズUPしてくるとは思てもみなかったことでも、 誤魔化されたような少々悪乗りしすぎたようなかんじでもあった。
そうしてみると・・ 悪乗り感が半端なかったような9話。
*巧が家に帰るのも仕方ない。
*小夜子(和久井映見)の指図も悪乗り・・・。

第9話「恋愛できない2人が本当の恋をした高等遊民誕生の秘密と結婚式への思い」

結果的に・・そっちかという展開であったことでも、観ている方としては振り回されてしまったようだった。
まさか依子と鷲尾(中島裕翔)、巧と佳織(国仲涼子)それぞれが、
いやいやデートを重ねているとしか思えないことでも、それぞれが恋していたなんて・・
いや~まったく、そうなのか・・ってものであった。

もし、そうだとしても・・あのリング場での長話しはしょうもなく長いし、分かり辛かった。
言ってみればしょうもなく長く辛い物を観らされたあげく・・感じている事とは違っていたというのは、まさにガクガクガック~ンってなものでもあったと思う。

そんな振り回されてばかりな内容なことからも、あまり感想もないわけだけど・・
鷲尾が依子を綺麗に変身させていく過程は、見入ってしまったなぁ・・。
変身していろいろな格好を楽しむ回と言う意味では満足するところでしたね。

今回、依子と巧のそれぞれのデートは、無理しているようなかんじでもあったから
せっかくのお似合いカップルな2人組たちが・・無理している顔は観たくないわけだけど・・
あの苦しんでいる様子が恋そのものであったなんてね~。
まぁ、それでいいのかという不安もあるから、納得するにはかなりしんどいかもかも。

巧が高等遊民になってしまった原因もさらっと入れ込まれたとしても、
思っていたよりもインパクトあるエピソードになってなかったので・・
だらだら~とヘンテコな9話になってしまったようだったなぁ~。

「恋していること」も自覚がない二人は・・似ていることは似ているわけだけど、
人から言われてその気になっているだけってことは、無いとは思いたい・・。
結婚に焦るあまりに、ついつい無理をしていただけってありそうだ。
次週楽しみにしていたこのドラマもいよいよ最終回・・いったいそのへんがどうなるのか、そして結末がかなり気になります★

TOP