SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

流星ワゴン 6話 感想

「眩(くらら)~北斎の娘~」再放送決定♪
10月7日(土)NHK総合 午後4時45分から! 宮崎あおい 松田龍平 三宅弘城 西村まさ彦 野田秀樹 余貴美子 長塚京三 ほか

健太(高木星来)エピも興味がないし、
あまり面白味がかんじられなくなっているのでちょこっと感想。
それにしても、なかなか一雄(西島秀俊)の家族の話にならないなぁ・・。
まぁ~父親との関係も修復しなければならないことが、今回よ~くわかったけど、
結果的には何も変わらなかったっていうのも、あれ?ってかんじでじれったい。

まぁ、見応えはあったのだが、ストーリーも楽しめたのだが
頑固ジジイの話が凄すぎてってだけで、それほど感動という気持ちも湧いてこないエピソードであたことでも、感想もあまりないなぁ・・。

忠雄(香川照之)が一雄(西島秀俊)に逃げているだけだと言っていたけど
向き合うことがおっくうな様子は、妻の美代子(井川 遥)のことでもよ~く出ていた。
そういうところを修復する旅になっていると一雄が自覚していれば、達成感が味わえたのに、修復したいとかあの頑固ジジイには思うこともないってことか。
まぁ、忠~さんが勝手な行動をしたおかげで、向き合うことになったのだが・・
忠~さんのやり残したことってソコなのではないかってかんじも無きしもあらずかも。
やりのこしたことってそれぐらいかないと思うのだが、他にあるというのであろうか?

そもそも過去に戻ったり、ワゴン車に乗って行き来するシステムが分かり辛いのだが
話しがちぐはぐになっている突っ込みポイントもありそうな気もするけど
忠雄の場合は、実際の自分と同次元に存在することができ、
一雄はできないということでも、なんだか分かり辛い。
忠雄がやるべきことがようやく描かれそうなことでも、
回が増すごとに面白味が出てくると思うのでこれからに期待。

TOP