Spring Star★

気ままなドラマ感想

ST 赤と白の捜査ファイル 1話 感想

「オレ様刑事と弱気な警部が難事件をズバリ解決!最高の相棒刑事ドラマ誕生」

あれ?
アレアレアレ~~!*@^^@*~裏をパスしたくなるくらいオモシロかった。(笑)
本音を言うと・・・今までの映画での藤原さんのワンパターンぶりがやけに鼻についていたので
苦手意識を持ちながら観たのだけど、
そして予備知識も入れないまま録画機に一応録画したものを、
どうせつまらないだろうと思いながら観てみたけど・・
赤城左門(藤原竜也)と百合根友久(岡田将生)の二人の刑事物ってわけではなくて、
こんなドラマだったのかって・・・けっこう面白かったことにびっくり。
以前SPドラマも観たことを思い出したけど、
固定観念って怖い。(笑)
録画しなかったら食わず嫌いなままになっていたかも。(笑)

演出脚本によって負と思われた部分を消し、うまくオモシロさとして生かしてきたのがよかった。
役者さんの持っているものも必要だけど、やはりドラマは総合的なのだと、
役者さんがつまらないのではなく、かなり演出脚本という部分も大きいってことがよくわかったなぁ~。

そんなもしかしたら役者さんがスペシャリスト的なこのドラマに
これまた本音を言うならば、けっこう登場していたけど、(笑)
対人恐怖症な赤城左門(藤原竜也)や秩序恐怖症な青山翔(志田未来)という設定もかなり面白いし、
結城翠(芦名星)、黒崎勇治(窪田正孝)、山吹才蔵(三宅弘城
のそれぞれも好感が持てる。

それぞれをまとめるキャップの百合根友久(岡田将生)も
かなり好感が持ててしまったけど、赤城との関係がともかく深さもかんじられたり、
面白いわけだけども、この二人はともあれドラマの骨格ともなる部分を占めているわけか・・。
赤城を上から目線な人間味を無くした怪物になってしまうことを恐れる、内部事情もあったりして、
まぁこのへんが赤城に漂う危うさというか魅力&味噌ってわけだけども、
かなり上から発言さがうまくあっていて、百合根友久とのやりとりが、
かなりの面白さになっていたと思うばかりだった。

自ら僕という志田未来ちゃん演じる青山にも引きつけられたけど、
キャップの手を握ったときにはちょっとぞくっとしてしまったなぁ~。(笑)
トリプルAな頭の持ち主という設定も未来ちゃんらしくて、ほっとけないかんじになってきたけど
あの刑事たちがいっぱいいる中で、浮き出てしまうアノかんじがたまらないし・・
簡単に表すならばツボったってことになるわけだけど、かなり赤城と百合根と同じく嵌ってしまったなぁ~。
そんなわけでこれからが楽しみであるけど、
1話だけがおもしろかったっていうこともよくあるので心配としても、
1話は「オレ様刑事と弱気な警部が難事件をズバリ解決!最高の相棒刑事ドラマ誕生」・・そのものだった。

脇を固める松戸紫織(瀬戸朝香)理事官のお姉肌目線も好みであったし、
かなりお気に入りな人ばかりでもあり、、            
三枝俊郎(渡部篤郎)、筒井桃子(柴本幸)、菊川吾郎(田中哲司)、
池田草介(林 遣都)と、どこを観っても飽きない作りになっちゃっているのが憎いばかりだった。

早く走れ!とかいうテロップも効いていたし、事件の方も二転三転ってかんじで
ひねりにひねってあったのも嵌ってしまった。
いや、、そうしてみるとまさに傑作。

花咲舞が黙ってないといい前々回の「明日ママがいない」といい・・
日本テレビそれにしても、、、只者ではないと思ったけど
この時間枠は外さないですね~。
毎度トップな視聴率も本物かも・・。

(裏ドラマはもう、やっぱ騒がしいだけみたいで、聞き辛かったりして、
書くのが大変なので様子見に変更かなぁ・・。)

TOP