Spring Star★

気ままなドラマ感想

ブラック・プレジデント 第7話 感想

「恋するブラック社長!?」

三田村(沢村一樹)とまゆみ(足立梨花)が楽しそうに話をしている様子から
三田村が恋に落ちたのではないかと・・・まわりも動揺し、見守る今回。
まぁ~それはそれで微笑ましい部分でもあったと思うことでも、
まゆみの兄設定は入れずに、三田村とまゆみの恋エピだけの方がすっきり観れた気もする。

ともかくまゆみ役の足立さんが、可愛らし女性を好演していたけど、
某「一部仕様を変更する。」・・ドラマのファンとしては
できたらもう少し一歩踏み込んだ演技を期待してしまうところ。
あの話し方がやけに・・方言方言していたけど、普通に標準語で話すこともできたのか~ってかんじ。

ドラマを観ていると、次第にそのドラマの好きなキャラクターというか、
この場面がないと・・火曜日はつまらなくなるだろうなぁ~という寂しい感覚が
今回やっとこのドラマでも、みつかったみたい。

それは三田村でもなく、真理(国仲涼子)でもなくて・・
なぜか杏子(黒木メイサ)なんだけど。。。
杏子の助手の増山圭介(澤部佑)との電話のやりとりなんか
三田村の会社を潜入調査している増山が、あれこれふつぶつ言いだしての
叱咤激励している部分とか地味なツボになっているみたいなんですよね・・。
なんとなくほんわりと親近感がわいてしまう澤部さんの持ち味も関係しているような、無いようなかんじだけど、電話口で話す杏子と増山に、、やけになんだかわからないものを感じるみたいだった。

後、面白かったのは、やはりなんでもない会話であるけど、
三田村がとうとう百合(門脇麦)の事を「ぼーっとしているようにみえるかもしないが・・」と、表現していたところかなぁ~。
百合も地味ながらも、何気に存在感が気になるばかりになってきたけど・・・
つまり、身近に感じられるような三田村ドラマは
なんだか登場人物たちが身近に感じられるってことなのかなぁ~。

母親と妹の場面とか、新たな恋なまゆみの強かさとか、ストレスが多いことでも大目に見てあげることも必要ではっ・・という美紀(壇蜜)ってことなのだけど、あの笑い方七変幻ぶりもいいとしても、おかしな笑い方も身近に感じられるってものだなぁ~。

TOP