SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記


芦田師匠~~(^^♪

極悪がんぼ 第6話 感想

極悪がんぼ「喧嘩上等 警察とガチンコ勝負」

話しが走るばかりで、面白味がさっぱりかんじられなかった6話。ってかんじ。
ガンボないい味を出しているのは、このドラマではどうも腐れ外道(三浦翔平)が一番かと思うけど、
まじでケンカを売っていることでも、ガンボが見受けられない薫(尾野真千子)ってかんじ。

このへんが低視聴率の要因だろうと思うけど、話もあまり分かり辛いし、
主人公がまじでケンカを売っていては、よくある・・・てかんじ。

その点、金子(三浦友和)や小清水(小林薫)やキリコ(仲里依紗)には
なんとなくそんなものが漂っているから、まだ見れるわけだけど。
キリコが意外と能力が高すぎているのも、まぁ某朝ドラの
「屋根からおっこちて抱きついても・・即離れない不思議さ」ってのと同じってことか~。(笑)
ドラマのそうした勝手な部分も・・どうしたものかってかんじもする。
(キリコの仕事ぶりや雰囲気は大好きなので、キャラ設定とは別の話しです。)

裏の世界の者たちのことがどういう立場にあるのかがわかるにしても、
ともかく小清水の監査はどうなっていたのかと、フト気になってしまった。
裏の世界では生かさず殺さず飼い殺し、表に出してもお金にならないということなのだろうか。

TOP