読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

★5/26中田監督の会見があったようですね。伝説のチームにしていきたい・・も良かった。やるべき課題も見えているようで一安心。

花子とアン 第42話 初めて観た感想

他の感想ブログさまの感想を読んでいるとこのドラマは
厳しい感想が多いようにかんじられるけど、
さらに、前に観たような設定からも(おひさま)・・?
ともかく中園ミホさんだし、キャスト的にも目を見張る人が多いのに、なんとなくもったりしているかんじがちょっと・・・。

それにしても・・浅田美代子さんやら、仲間由紀恵さん、室井滋さん、ともさかりえさんってことでも観たいんだけども、、なんか面白味がかんじられなかったなぁ~。

42話を観ても花子(吉高由里子)よりも醍醐亜矢子(高梨臨)が輝いて見えてしまった。
さらに蓮子(仲間由紀恵)が強力なキャラクターになっているご様子みたいですね。
それはそれで面白いと思うのだけど、どうなのだろうか・・。
もう、今回卒業してしまうのか~。

f:id:vividlemon:20140517125723j:plain

花子は学校の先生になるってこと?みたいだったけど、やはりそのまま、
おひさまを思い出す・・。
同級生3人の場面だけでも、おひさま状態にみえてしまった。

話しはとくに観ていて面白さもかんじられてきたので、いいと思うので、観てみるかってかんじでした。

ドラマの始まる前、吉高さんが憂鬱そうな発言があったけど、このへんなのだろうなぁ~っていうかんじも受けた。

吉高さんらしい毒気っていうか味が観えないような気もするみたい・・。

 

連続テレビ小説 花子とアン(総合 毎週月曜~土曜 午前8時 ほか)

原案:村岡恵理 脚本:中園ミホ
出演:吉高由里子伊原剛志室井滋石橋蓮司 仲間由紀恵 ほか
総合 3月31日(月) 午前8時00分

貧しい農家に生まれた安東はな(山田望叶)は学校へ行かずに家事に精を出し、母・ふじ(室井滋)ら家族を助けていた。ある日、はな
は父・吉平(伊原剛志)に絵本をもらい…