読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなTVドラマ感想日記

福家警部補の挨拶 第11話(最終回) 感想

2014冬ドラマ

福家(檀れい)の過去にいったい何があったのか、期待が高まるところだったけど、やはりゲストの方に、インパクトを感じる最終回らしい今回だった。
まぁ期待していたのは、福家の過去にいったい何があったのかということだったので、あまり深くそのへんが描かれなかったことでも、もやもやしたものを感じたけど、もう少し触れてもよかったのかも・・。
それとも慌てた状態での視聴だったためか、見過ごしたのだろうか?(笑)

「信じている」というのが福家の信念ともいえる言葉であったけど、某ドラマの先生の方は、信じてみるだったけど、確かそんなことをいっていたっけ・・。
悪に対してどう向き合うかということは、難し問題でもあるけど、善良な人々が手をよごすことは、
やはり、あってはいけないことだと思うとしても、やりきれないラストでもあったなぁ~。
今一つ、今回の問題点にのめり込めなかったことでも、感情移入出来なかったけど、
ひにくな結末に大泣きする福家が印象的でした。
ともかく後藤喜子(八千草薫)の被害者としての一方的な感情で押し切ったようにも思えてしまった。