読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

S−最後の警官− 第10話(最終回) 感想

「全滅!さらばNPS…命をあきらめない」

SATによる未来予想図を霧山(近藤正臣)らが企てるイワユル・・独裁的な大義名分というものが長かったけど、
NPSは単なるその前の引き立て役という・・捨てコマであるという説明部分がこってりし過ぎていたことでも、胸焼け気味になり、、その後の展開も期待が薄まったみたい。(笑)

結果的にふたを開けてみれば・・見どころはやはり、正木(オダギリジョー)と一號(向井理)と伊織(綾野剛)の部分であったけど、それも今までと同じような内容だったことでも、新鮮味がほとんど感じられなかったってかんじ。

f:id:vividlemon:20140318025220j:plain


毎度一號は伊織を信じきっての最後には、キラーパスを送るばかりであったことでも、ハイハイてかんじだし・・、
結果的に逃げられるという(映画もあるから捕まらないこともわかっている。)イワユル出来レースでもあったことでも、すっきりしないものがあったなぁ~。(笑)
大義名分と出来レースを見せられてばかりの最終回、全てが中途半端にかんじられてしまったけど、さらにイルマ(新垣結衣)の活躍もあまりなかったことでも、物足りない最終回なってしまったみたいだった。
しかし、あのラストパスを受け取った伊織は、わざと外していたということだとしたら、、確保派ということなのかなぁ~?
映画があるので、考えるだけ無駄でもあるけど・・。映画がなかったらっ。。と思ってしまう最終回でもあった・・。(笑)