SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

★5/26中田監督の会見があったようですね。伝説のチームにしていきたい・・も良かった。やるべき課題も見えているようで一安心。

失恋ショコラティエ 第8話 感想

「ついに間男に成り上がったよ」

もう、何が何だかわからない~ってかんじで、ちょこっと感想。(笑)

以前から間男な爽太

間男はてっきり魔男と書くのかと思ってしまったけど、こう書くとは知らなかった。というより知らない方が普通だと思うので、なんのことか検索すると・・!

「間男とは結婚し、夫のある女性が他の男性と肉体関係など男女の関係をもつこと。また 、そういった男性をいう。さらに先のような形以外でも、男女が密かに持つ関係を間男 という。」(日本語俗語辞書より)

 ということで、後半の部分の「密かな関係」=「セフレ」と一般的に決まっているので、すでに間男であった爽太。(笑)
そうすると、紗絵子(石原さとみ)は間女というかんじになってくるのだろうけど、ここらへんをつっついても、何も出てこないのでやめといてっと。(笑)

一旦エレナとの関係で、あれ?とわからなくなり、さらに今回の紗絵子の気持ち悪い言葉にも、意味が分からないというか、
わけがわからなくなってきたけど、爽太のセフレ関係や間男になったことでも、普通に考えると・・・ちょっと考えてしまう内容には間違いないなぁ~。
そんなわけで、もう何が何だか面白いのかどうかも、わからなくなってきたみたい。

今回、紗絵子の「好きになるってどういうこと?」っというような、一人の人を好きになるのが可笑しいといわんばかりの質問に、
唖然とし言葉を失う薫子(水川あさみ)さんが、最も一般的な普通な心の持ち主であると思うのだけど、
そんな薫子さんの気持ちの部分だけが、救いになってきたみたいでした。
まぁドラマ上、奇想天外な内容にあえてしてあることは、サッシがつくので、そうでもしないと飽きられてしまうということでもあるので、
無理難題を醸し出している紗絵子さんってことなのも、わかってるんだけど。
いわゆる・・恋や愛についての普通な感情を、どうも無理に壊してくるみたいな流れが感じられてしまうために、しっくりしなくなってきてしまった。
えれな(水原希子)とのセフレ関係や、気持ち悪い紗絵子の設定も、無理に作っているというかんじなので、ちゃちなものにならないといいのだけど・・。

やはりアニメ原作となると、普通には収まらないということなのだろうなぁ~としも、視聴者を選ぶだろうし、ちょっと理解の度を超えてきたことでもついて行けないくらいになってきたみたい。

しかし、アニメ過ぎるドラマとなっていることは、いい意味でも悪い意味でも・・間違いないし、アニメならではの面白いドラマにあえてなっているのだ!!・・・ってことなんですよね~多分。(笑)

なるほど、そこを楽しむのか~。