SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

中田ジャパン決勝へは1秒の差というかんじで残念であったが、やってくれそうなチームになりそうですね。♪




長澤まさみちゃん、アンダーアーマーのイメージモデル・キャラクター。かっこいい~♪

S−最後の警官− 第8話 感想

「誘拐事件の容疑者はNPS仲間の恋人!」

速田仁(平山浩行)とその恋人の藤波優子(平岩紙)にまつわる事件が描かれた今回、温かいストーリーになっていて、好みの展開だった。
途中から事件が、わかってしまったことでも、ちゃらい、ちゃらい作りだなぁ~と、
あぁ~、シンドい~っと思てしまったけど。(笑)
他のドラマでこのような単純な事件を描いたとしたら、チャライで終わってしまうところだけど、このドラマならではの、温かい温かい内容になって行ったことが、よかった・・。
この二人を演じていた平山さんと、平岩さんの持ち味による温かみが、伝わってきたことが大きいと思うけど、平岩 紙(ひらいわ かみ)・・・かみ?と読むんだ・・。(笑)
どちらも平が付くのも・・・なんだか面白いところだけど、ちょっといい雰囲気なラストには、ほっこりしてしまった。

一號(向井理)と私的に好感度がどんどんなぜか、、UPしている伊織(綾野剛)の犯人への思いの違いが、毎回しっかり丁寧に描かれることによって、対立している構図が鮮明になっているけど、
失うことでの思いについて、言い合う二人は次第に少しずつ近づき、言い合うことで傷が癒されていくように思える。
心の内を外に出すことは、どんなことでも同じようなことが言えると思うけど、そういう意味では、いい話し相手になっていると思うけど、
やはり、苦しみを共有する二人でもあることには、違いないのでしょうね~。
そして、ゆづる(吹石一恵)の思いも深く丁寧に描いていることでも、厚みが出ていてよかった今回、見応えを感じるところになってました。

次回、おや~ってかんじで、新入りスナイパーがやってくるらしけど、なんと今頃になって、新垣結衣さんが登場するとは、テンション高まる~ってかんじ。

女スナイパーだよ、、まったくってかんじだけど、おやおやな展開を期待してやまないわけですよね~。

ん、、誰と誰が共演NGだっけ・・。

TOP