SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記


芦田師匠~~(^^♪

ソチ冬季五輪 女子フィギュアスケートフリー


1位     アデリナ・ソトニコワ     ロシア     224.59
(74.64、149.95)

2位     キム・ヨナ     韓国     219.11
(74.92、144.19)

3位     カロリーナ・コストナー     イタリア     216.73
(74.12、142.61)(ボレロの曲に乗り、優雅で美しい演技)

4位     グレイシー・ゴールド(17歳)     米国     205.53
(68.63、136.90)

5位     ユリア・リプニツカヤ     ロシア     200.57
(65.23、135.34)

6位     浅田真央     日本     198.22
(55.51、142.71)

7位     アシュリー・ワグナー(21歳)     米国     193.20
(65.21、127.99)

8位     鈴木明子     日本     186.32
(60.97、125.35)

9位     ポリーナ・エドモンズ     米国     183.25
(61.04、122.21)

涙がちょっと真央ちゃんが滑り終わってからのインタビューを見てにじんだけど、、
それにしても、、NHKのアナウンサー杉浦友紀さんの涙も可愛らしかったなぁ~(笑)
ちょっと普通にアナウンサーが涙を流してもおかしくないほどの偉大な真央ちゃんとも言えるけど。
ちなみに、片山千恵子さんファンです。(笑)
検索するとけっこう動画サイトとかもNHKの女子アナは人気がありそう・・。

それにしても、圧巻の今大会であったけど、真央ちゃんの巻き返しが、
最大限に力を発揮できたので、よかったの一言。

女子フィギュアスケートは最近全然ノーマークだったし、見たいとも思わなくなっていたけど。まさか女子はこんなにも世界との差ができてしまっているのかっと、いう思いを受けた。
4年前はほとんど、無力っといてもいい選手ばかり(17歳が特に)がベスト10内に並んできたことでも、そう思うのも当然だし、それにしても、高いレベルの戦いだった。
今回、気になる選手はやはり、17歳を中心にした若い選手たちだったけど、アメリカ、ロシアの選手が、ちょっと力がこんなについてきたのかっというのが、本音。
最近までそれほど強い選手っていなかったと思うけど?
まぁ気になってしかたなかったのは、やはりアメリカびいきなこともあり、アメリカの選手だったけど、

今大会4位のグレイシー・ゴールド(17歳)は全米からトップで選ばれたし、見た目も神々し雰囲気があったなぁ~。

f:id:vividlemon:20140222075000j:plain グレイシー・ゴールド


アシュリー・ワグナー(21歳)も可愛らしけど、真央ちゃんの一つ下なのかぁ・・・。

f:id:vividlemon:20140222074958j:plain アシュリー・ワグナー

f:id:vividlemon:20140222074959j:plain ポリーナ・エドモンズ


結果はフリーの出来ばえがそのまま順位になったともいえるけど、真央ちゃんはフリ―の得点では3位のイタリアの選手よりも上なので、ショートプログラムがやはり悔やまれる結果ですね。
ベスト3の選手のフリー演技は、ほとんどミスもなかったし、その差はぜんぜんわからなかったというかんじ。
最終滑走でも、キム・ヨナ選手の強さを思い知る五輪でもあったけど、ロシアのアデリナ選手は地味な感じでも、地元ということで水を得ての、強さを発揮していたというイメージが感じられたので、キムとの点差で物議を醸し出しているようだけど、
2位との点差は妥当なものだったと思える。6点ってけっこう差がついているとも取れるけど。

結果的にアメリカがメダルが後少しのところで、とれなかったことはやはり、イタリアのカロリーナ選手のできがそれほどよかったということになるけど、次にロシアの天才少女もいるので、ハイレベルな大会を反映している結果が出ているといったかんじですね。

TOP