SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

失恋ショコラティエ 第3話 感想

「走り出した恋、それぞれの告白へ」

影が見え始めたような今回。

ドラマは3次元なので、2次元の文字にするのはそもそも。。って気もするけど。
あ~なってこうなってという会話がけっこう多いことでも、
時間を追って書かないとダメなのかと、このドラマでは特に感じたりするところ。

楽しみにしているドラマではあるけど、ちょっとばかり大人向けのドラマでもないようにも感じたりして・・。
これは感想に出しにくいちょっとした思いでもあるけど、
意外とそんなマイナスに感じられる部分が大きく傾くとバランスが崩れて、面白くないものになってしまうのかもしれない。
とはいってもそういう思いは、あ、勘違いだったとか、そうでもないや~って、そんなかんじで上手い事時間が解決してしまうような気もする。
見ている最中は消えてしまったすることの方が多いとしても、小さな?が、ちょこちょこ感じられたりもしたみたい。

今回片思いなままスパイラル状態の爽太かと思えていたのに、
毎回、出口のない妄想と自己完結してばかりで、このままこんなかんじなのかなぁ~と思われたのに・・
恋が進みそうなかんじである事がわかったことは、今回はまさに走り出した恋というかんじで、やっとドラマが動いたことでも、見やすくなったみたいでした。

紗絵子(石原さとみ)が初めて誘った友達の結婚プレゼントを一緒にってところで・・断った爽太(松本潤)は、
しっかり後から後悔するということも、ちょっとホッとする場面だったけど、
カワイソウに思えてしまったのは反対の紗絵子の方で、爽太が間違っても無いと思った「デート」という言葉を・・・
端末に書き込んでいた紗絵子のあの嬉しそうな顔には、不倫とも言える人妻としても、あの無邪気で可愛らしい様子にキュンとしてしまうばかりでもあった。

そんなわけで、あっちこっち片思いが熱く見せられていたことから、こっちまで片思いな青春色に染まってしまったし、
なんだか恥ずかしいやら嬉しいやら、ウキウキさせてくれるドラマってことがわかったけど、
いろいろと味わえるところもいいなぁ~ってかんじになってきたみたいでした。(笑)
今回わかった事実としては、ただの勘違い、すれ違う恋な爽太と紗絵子が辛かったけど、
案外こんなことが世の中多いようにも思うので、なかなかキュンとしてしまう設定になっているのもよかったぁ~。

爽太の思いを聞いているとやはり、気持ちが感化される面があるけど、可愛さを出そうとして計算している紗絵子は、
見え見えなところが可愛いなどと、そんな風に見ていたなんて、ココはヤキモキしてしまったし、
元カレ発言に我を見失う様子にも、見ている方まで伝わるものがあった。

まつり(有村架純)、薫子(水川あさみ)、オリヴィエ・トレルイエ溝端淳平)のそれぞれの片思いにヤキモキさせられたけど、
とりわけ、薫子の爽太に向けた熱い思いと重たい自分発見には、なんだか他人事に思えないような、応援したい気持ちにさせられるばかりでもあったなぁ~。

ちょっと頭の中で、もやもやしていたそれぞれの登場人物たちが、今回やっと影が見えて浮き彫りになってきたみたいだったので、
これからそれぞれの思いに、じっくりと着いていけそうだなぁ~と一安心。
爽太と紗絵子の思いもよらない新事実がわかったことや、紗絵子の夫婦関係のもつれもわかったことでも・・・
あれこれ走り出してきた今回ってものでした。

影が見えなかったんだよね~今まで。

失恋ショコラティエ 第1話 感想
失恋ショコラティエ 第2話 感想

TOP