SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

失恋ショコラティエ 第2話 感想

★日テレ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京とどこでもほぼドラマのホームページで放送後一週間無料視聴できます♪

「今夜も“妄想”と片想いが止まらない」
紗絵子(石原さとみ)が、爽太(松本潤)が、えれな(水原希子)、まつり(有村架純)が、薫子(水川あさみ)が~ってなかんじになってきた今回。(笑)
オリヴィエ・トレルイエ溝端淳平)も忍耐?

いやはやこれほどまでになってくるというか、けっこう緻密な心理劇というかんじが楽しめるドラマになってます~ってかんじで、なるほどっとそのへんは納得してしまったので、これはこれは意外とおもしろくなっているドラマがよかった。
爽太は紗絵子の方から振り向かせようとして、悪い男になることにしたようだけど、片思いとはいえ紗絵子始動型人生になってしまっているのが、切ないというよりもちょっとばかり・・・ってかんじにもなっていたかなぁ~って気もする。

問題点はえれなの手を握った爽太であるけど、また明日会えるかっと、「モテキ」だったらそうなって蹴っ飛ばされる事態でもあるのに・・神様に試されてるのではないかと、これまた紗絵子始動型脳に切り替わって、その場クリアーしてもいたみたいだったのが、嘘みたいだぁ・・ってかんじもした。(笑)
手を握っていたのに・・・しかし、悪男になるのだとまたしても・・っていうのが、ん~~としても、意外や意外に水原さんの場面がいっぱいあったし、映像も色っぽくてよかったことでも魅了されてしまった・・。

薫子は爽太のことになるとやはり、切ないほど爽太を思っているみたいだったけど、冷静に終始見ているオリヴィエもよかったと思う。
まつりにはあんなことを暴露されてしまって、清楚なイメージがすっ飛んでしまったり、今までの認識を崩壊させることになってしまって、その後の爽太の友だちエピで、セフレ発言に至ることになってくるとは・・ってかんじも受けた。

ヒロインは誰なんだろうってかんじも受ける今回だったけど、アニメ原作ということでも、アニメ風な流れが楽しめているドラマであるけど、紗絵子を演じるさとみさんがけっこういいかんじだし、つかみどころのないキャラクターが可笑しいくて可愛らしくて、なんとも嵌ってしまうキャラになってましたね~。

今回のことで爽太と薫子とオリヴィエの間に、小さな溝が生まれたかんじもしてしまったけど、オリヴィエの思いは意外と傷ついているようにも思え、壊れそうな空気感が意外と静かに動き出しそうな、丁寧なドラマになってもいるようで、これは期待していきたいところでした。

今回の月9はちょっと作りが、違うかんじも受ける。

失恋ショコラティエ 第1話 感想

TOP