SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

海の上の診療所 第10話 感想

★日テレ、フジテレビのドラマのホームページで放送後一週間無料視聴できます♪

「ついに最終章!!Drコータの選んだ結末とは!?」


航太の研修医時代の指導医・瀧山晴子(水野美紀)との再開と別れといった今回だった。
島で診療所を開いている晴子が、東京で目の手術を受けるために、真相を明かさず島を離れるという話であったけど、
水野美紀さんらしいストーリーであったし、先輩らしいところがやはりお似合いな役柄で、今回ばかりはちょっと今までの中で、けっこう中身のあるストーリーに見入ってしまった。(笑)
水野さんって、今まであまり意識してなかったんだけど、しっかりとした存在感を出している役柄が自然でいいし、
ちょっと地味ではあるけど、いい味を出されていて、気になる人になっていることを、今回思い出した。
2014年の冬に始まるドラマ「チーム・バチスタ4」はチェックをしっかりしようかなぁ~。
栗山千明さんも出ていることでも・・。

患者が倒れる場面は、相変わらず、とってつけた展開になってしまうのは、
視聴意欲を削がれるけど、もう少し自然な流れにしてくれてもいいように思うのに、
もしかして、飽きらめてしまって、ここで急に倒れるという設定で何も問題ないと考えている部分は、
やはり物足りないというよりも、ざつなドラマとしか思えないのは寂しいばかり。

眞子(武井咲)と航太(松田翔太)のあ~でもないこうでもないという話だけでも、
楽しめるので、まぁ~いいですが、プリンで冷蔵庫を独占しないとか、節約だとか、
世知辛さは、船の上までもってことで、航太までその対象になってしまったみたいだけど、
次回クリスマスを盛大にやるらしいから、そのへんやらゲストの高橋ひとみさんが乗船してくるということでも、
期待したいなぁ~。
やはりだんだん回が増すと、ゲストが好みの人になってくる。(笑)

12/23 夜9:45

TOP