読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

★5/26中田監督の会見があったようですね。伝説のチームにしていきたい・・も良かった。やるべき課題も見えているようで一安心。

ミス・パイロット 第9話 感想

「旅客機操縦までカウントダウンの晴に緊急事態発生…」

持ちつ持たれつ・・ということではない今回だけれど、
たくさんの人の手によって支えられ、パイロットだけでは飛ばせない飛行機ということでも・・・
晴(堀北 真希)の家の手伝いをするという話しに、もつれ込むのはわかるような気がするけど。

友情から千里(相武紗季)が手伝うのは、なかなかいい話だったなぁ~。
(その他大勢はいらなかったかもしれない)
国木田(斎藤工)教官までも手伝うというのは、ん~~?
ドラマ的にはありだし、楽しめたのでいいのだけれど・・。

たま~にこういうおまけ的なことが入り込むのは仕方ないってことなんでしょうね。
晴の母への思いが、あまり深く感じられなかったのは、このドラマらしからないことで、
見ているほうで、あきれて、それはないないパターンだと、決めてしまったに他ならないということを、
これから注意していくということなのかも。
あまりにも同じようなエピがあることでも、ありきたりなエピではもはや、
太刀打できないことを学ぶいい機会かもしれないなぁ~。

そんなわけで見ている方としても、やはり毒された内容に唖然とするとともに、
いいものも晴と千里の友情といういい話も描かれているのに、後味の悪い内容でしかなかったと、
思ってしまうわけですよね~。

しかし、千里に感情移入がしっかり出来ているのか、
晴を心配して何か隠してない?っていう千里には・・・だったけど。
この二人のストーリーになっていることは確か。


あれこれいっても、やはり登場してくる人物たちもいいかんじだし、好きなドラマになっていることは間違いないです。(笑)
それぞれのパイロット候補生たちも、落ち着いてきたかんじがいいし、馴染んできたし、阿倍野すず(桜庭ななみ)と鈴木倫子(菜々緒)の場面もよかった。特にすず役の桜庭さんがお洒落で服につい目が行ってしまうけど、このへんも見どころになってきているかもしれない。

 あ、そうそうそういえば、千里のパパも・・なんだってかんじだけど、さらに輪をかけた話になってしまうと痛いと思うけど。
千里と晴の恋のバトルはぜんぜんOKです。(笑)

あとがき

NHKの朝ドラ「ごちそうさん」は見てなかったけど、ちらっと見たら、やはり高視聴率のニオイがしますね。高畑充希さんて、歌も歌っていたのか・・(竹内まりや作詞作曲だし。)