読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

★5/26中田監督の会見があったようですね。伝説のチームにしていきたい・・も良かった。やるべき課題も見えているようで一安心。

安堂ロイド 第6話 感想

「優しい嘘・悲しい真実」

 

f:id:vividlemon:20131118041735j:plain


冒頭からそれぞれの家族の思いが初めて語られた今回・・・。

安堂麻陽(柴咲コウ)の母親の安堂景子(名取裕子)の娘への思い。

小松左京子(山口紗弥加)と葦母衣朔(遠藤憲一)の父と娘の思い。

沫嶋七瀬(大島優子)の両親の過去。

麻陽への星新造(桐谷健太)の好き宣言。


やはり、驚いたことはなんていっても七瀬の過去でしたが、
優等生な兄を持ってしまったことでの嫉妬?からの両親・・と兄も・・?
ってことがさら~りと何食わぬ顔をして描かれてしまうのも・・あれ~ってかんじ。
そんな驚くような出来事をさらりと持ってこられても、困惑してしまったけど、
プッツリっと行ってしまっている七瀬なのかぁ~~。(笑)
なんだか兄も・・って言ってたけど、飛行機事故もってことかなぁ...?

それにしても新事実があれこれ明らかになってきた今回。
あの画面に出てくる文字をいちいちチェックしなければならないことでも・・
録画は必至・・・。
今までモヤモヤしていたことが、これでやっと少しはわかってスッキリした・・。


★ポリスクラウド
ポリスクラウドから2013ポイント東京3165へ
沫嶋黎士が閉ざした次元物理通信回線は未だ復旧せず。
支援機体をそちらに送ることは不可能。
現状勢力でミッションを完遂されたし。

沫嶋黎士が次元物理通信回線を閉ざした後
誰かがARXⅡ-13、サプリ、そしてもう一機体を
別の回線より2013年へ運んだらしい。

★ゼロクラウド
ゼロクラウドよりARXⅡ-13
支援機体については準備中(サプリの代わりが来るらしい。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★敵機体
沫嶋黎士の脳データも破壊した。おまえのクライアントはもういない、呼吸もない。
安堂ロイド
俺にはもう、許可の申請もクライアントの命令も必要ない。安堂麻陽を守る。それは俺の意志だ。


★謎の美少女(桐谷美玲
「そう・・人の思いに答えて生命を持った人形は、やがて意志を持つ。
人間の何万倍もの頭脳を持つ人形は、意志を持ってこの世界を判断したら・・、
この世界の人々は、生きるべきか死ぬべきか..。」

ってことで、おやおや状態だけど、誰かがもう一機体を送ったらしい・・。
他に登場していないことでも、それは謎の美少女であるわけだけど、
100%断定できないかんじはちょっとあるとしても、美少女な桐谷さんかなぁ・・。

そして別の回線から運んだのが誰かであるけど、沫嶋黎士の脳データは厳しい管理下に置かれていることでも、
朝陽関係の可能性がけっこう高くなってきたってかんじでした。
しかし、これで黎士のデーターが破壊されてしまったのか・・。
これまで朝陽が感じていた生きているという感覚も嘘ではなかったってことですね・・。

ARXⅡ-13(安堂ロイド)のクライアントは、沫嶋黎士の脳データであったことがわかったけど、
安堂ロイドやサプリ、謎の一機体を送ったのは誰なのかとか、謎の美少女の目的はなんなのか・・いろいろわからないことがまだまだある・・・。

ロイドがサプリから貰った感情をインプットされての、嫉妬?だとか、命の尊さを感じて悩む様子が描かれてきた事もよかったけど、
だんだん人の苦しみを知っていくロイドと相反するような謎の美少女との関係も興味深くなってきたようにも思うところでしたね。
いったい闘いがまた始まるのか?それとも共存の道があるのかってことだけど・・
ともかく、七瀬が兄の飛行機事故の原因だけははっきりしてもらいたいってかんじ。(笑)

このへんを考えると複雑なんで、回収できるのか?ってものですが、

かなりの今回七瀬の背景でもあったので、ちょっと大島さんも大変だなぁ~と思います。
YouYubeでの撮影風景な映像を観ていると、けっこう苦戦している様子・・。