読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなTVドラマ感想日記

東京トイボックス 第7話 感想

2013秋ドラマ

「天才の壮絶なる過去…ネジがモノ考えるな」

太陽(要潤)のゲームに対する向き合い方が、かなりいいわけですが、
魂が入ってるのか~というフレーズも小気味よく・・、それぞれのキャラも立っていることでも、
ついみてしまうストーリーになっているこのドラマ。
HPを覗いたら、来年また続編がやるようですね~。その名も「大東京トイボックス」だって・・(笑)以下詳細です。

 東京トイボックス」好評につき、続編放送決定!その名は…「大東京トイボックス」!!

大東京トイボックス
2014年1月4日(土)スタート!毎週土曜夜11:55~
    主演:百田モモ役は人気急上昇中の足立梨花に決定!
    連続ドラマ初主演でゲームクリエイターの“卵”役に挑む!
    さらに、ライバルとなる新キャラ、カリスマ女社長・半田花子役に志保!
    注目の若手女優が新生「トイボ」に新たな波乱を巻き起こす!?

 今回、サムライ☆キッチンのことで、月山(宇野実彩子)が仙水伊鶴(福士誠治)の元へと動いたけど、
壮絶な太陽の過去がわかってしまうとは、かなりの見どころになっていたことでも・・引つけられたなぁ~。

それにしても天才クリエイター太陽ともなると、1%のひらめきも嘘でもないって・・
ネジがモノを考えるな~と、あの独りよがりぶりにはへんに納得させられてしまったけど、
天才ってそのへんが理解されないわけなのか~と・・同時にワクワクするものがありましたね。
このぐらい毎回魅せてくれる何も言うことがないってもの。

制作の方も熱を感じられたし、こういうものが観たかったって思わせる今回の内容には好感度UP!
そいういう意味では今までが、あまり動きがなくて地味だったかも・・。

それにしても毎度な『スタジオG3』の面々たちであったけど、呑気に月山に興味しんしんな様子も面白いとこだったし、
相変らずな天才太陽の仕事ぶりにも好感度が盛り上がるところで、ゲームをしながらとか・・
思いついたアイデアが消えないうちに、メモリたい太陽だとかが見れたのも満足するところでした。
そして次回も楽しみになってきたけど・・ラスボス級のバグがサムライ☆キッチに見つかってしまうらしい~~!(笑)