Spring Star★

気ままなドラマ感想

独身貴族 第6話 感想

「動き出した恋…僕は結婚します。」

あっちもこっちも、もんもんもんってかんじだったことでも・・
見ている方も悶々としてしまった今回。(笑)
前回、守(草彅剛)はゆき(北川景子)と進(伊藤英明)のキスを目撃してしまったことから、
守のゆきへの気持ちも悶々として、進の恋を応援しようと決意を新たにしたみたいだけど、
会社をつぶさない為にもゆきのことは忘れて、玲子(平岩紙)との結婚に前向きにならなければならない・・
二者選択な守でもあったってことですね~。
ここは二者選択てことからも、答えは玲子であったんだけど、玲子との結婚条件がなかったとしたら、
ただのよくあるストーリーになってしまったってかんじで、そこそこ面白い背景だと思うところでした。
それもまたよくある話でもあるけど・・(笑)令嬢な玲子が味噌♪

そして、ラストの進を追うゆきが付き合ってます宣言をしてしまったわけだけど、
ゆきの気持ちは進に向かっていたのかも・・あまり突然な決断だったみたいで、
なんか今一つしっくりしない場面でしたね~。
さらに、追いかけるゆきからの守が、大切な大切な靴までも捨ててしまったってことも分かり辛いけど、
そこがつまり致命的なものだったのかどうかってかんじがしてならなかったなぁ~。
どうも雑なかんじを受けるし、台詞と状況で説明してしまうのもちょっとばかり残念なようにも思うところ。

さらに全体的にも主軸に肉付け的な場面ばかりで、
あまりどうってこともなかったのはイマイチ盛り上がれない今回でした。

全体的にはこんなかんじなのだけど、よかった場面も追加してしまうと・・
やはり、ゆきの書き直した原稿をツヨポン社長が読んでいたことがわかった瞬間のゆきのあの笑顔が、なんともミラクルスマイル全開でよかった~。
あそこは一見の価値があるってもの・・。

TOP