Spring Star★

ドラマの感想を書いてます。

★ちょっと中田ジャパンのことがやってたわけだけど・・そこで世界バレー女子14名を予想。リベロ2人は誰でもいいけど、セッター富永、佐藤さんで、荒木、長岡は健在だろうし、あとの8人はやはり黒後、石井、新鍋、古賀、 鍋谷、奥村、岩坂、島村とほぼ決まり切ってる感があるのが困りもの?
あ、これアジア競技大会とほぼ同じメンバーだけど、古賀でなくて野本になってるけど、まぁ、世界バレーもこんなかんじなんでしょうか♪
<テレビもろくに観てなくてもほぼ予想どうり。w>

ミス・パイロット 第2話 感想

「新人訓練生の試練!空港ターミナルで上司に物申す!」

ANAの全面協力によって普段はカメラが入れないところまで、
見ることが出来るらしいし、リアルな迫力のある映像が見れるというのも・・
やはり飛行場や、飛行機をまじかで見る機会などほとんどないので、
そうした意味でも見ていきたいドラマになってきたってかんじ。

それにしても今回、空港内部の映像がけっこうあったようだけど、あのバスだとか・・通路だとか、実際の使われている部分が見れたことでも、興味が湧いくるというもの。
ドラマの内容もそこそこ面白いので、やはり視聴決定ってかんじでした。(笑)

パイロットになるのに、4年かかるということが、なんとなくわかってきたけど、
どういうお客様が乗っているのか旅客機のパイロットになろうとするならば、
知っておく必要があるってことでも、実際お客様に接する空港の業務を行うことは、必要であることが理解できた。

実際、晴(堀北 真希)が提案して押し切ってしまったあの場面はあり得ないとは思うものの・・
まぁ見たことがあるような内容でもあったけど、それなりに見ていて達成感が伝わってきたのはよかったですね。

初めは小田千里(相武紗季)のつんつんしているところがいやになったり、国木田孝之助(斎藤工)の厚かましさには、
いや~なかんじであったけど、だんだんそれもなくなってきて、みるみるといいかんじになってきたなぁ~ってことでも、
これからが楽しみになってきたようです。
意外と晴と千里の絡みも面白いし、やたらに前向きな晴に対して、ツンツントゲトゲしい千里が次第に感化されていくというかんじが、なんとなく微笑ましくなってきた・・・。
そして、意外と教官な国木田も話がわかる上司ってかんじが好感度アップだったけど、キムタクとは違う持ち味を感じるところで、違いがわかってきたようでした・・。(笑)

TOP