SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

リーガルハイ2 第1話 感想

★日テレ、フジテレビのドラマのホームページで放送後一週間無料視聴できます♪

「完全復活・古美門研介!すべては依頼人のために無敗の弁護士が非道の悪人に立ち向かう!」

鼠が絡んでいた前作の犬猿ぶりも落ちがばれてしまったので、新キャラ登場&船旅降板な三木長一郎(生瀬勝久)なのだろうか?って、わけがわからないにしても今回の案件も先送りなのか~??や、羽生(岡田将生)は必要なのかなぁ~?とあれこれちょっとばかし不満もあった初回・・・。

まぁパート2だというのに、初回から古美門研介(堺雅人)の人生はじめての負けエピソードをみせられるのもへこむところだったけど、
安藤貴和(小雪)のエピソードも多分上告するようなかんじであったので、最終話にまで持ち越されるのかと思うと・・
なんだか気が遠くなるようでうんざりってかんじもしてしまったなぁ~。(2話で解決か?)
指紋が偽装工作されたものだという1点で争う案件なことかも、あまり大しことでもなく、案外あっさりと軽く解決してしまうかんじも受けてしまったけど・・・
HPの2話あらすじをチェックしても次の案件の話でもあったことから、軽く解決なのか、それともまさかな最終回なのか、、歯切れの悪さをかんじるばかりでした。

安藤貴和(小雪)本人が急に態度を変える原因となった・・拘置所に来た人物(吉永慶子)との関係が明らかになれば、(軽く解決できないものも感じられるけど)あっけなく勝ってしまうかんじがけっこうあったことからも、なんで放送時間を長くとったわりに引っ張ったのか疑問がのこるばかり。

今回は新キャラの人物紹介にも時間がとられていたことから仕方なかったということなのだろうけど、羽生晴樹(岡田将生)が立ち上げた『NEXUS』が、これから、三木長一郎(生瀬勝久)の代わりになってくるということなのかなぁ~?
それで船旅に出てしまったということなのか?と、そんな面でも歯切れの悪さをかんじられてしまった。

そんなわけでブレともとれるリーガルハイ2でもあったけど、変人をこれでもかぁ~というくらい持ってきたことでも、
ちょっとばかりドギツサもかんじられたようだけど、羽生キャラは、必要だったのか~というかんじもして、新キャラを増やしてきたことから、今までの味が分散されて薄まってしまうようなかんじは否定できないってものも・・感じられるんですよね~。
そんなわけでごたごたしていたというかんじの初回だったけど、やはり、
古美門研介(堺雅人)ぶりや、黛真知子(新垣結衣)ぶりが見れてよかったの一言に尽きました。(笑)

あの子供から精神年齢は進化してないんじゃあないかっていう無邪気な古美門には、なんとも言えない愛着を感じるし、
黛のへんに腕っぷしの強いとこや、賭け事にめっぽう強い才能も可笑しいけれど、あの植物になろうとしていた古美門をひっぱたいたり、投げ飛ばしたり平気でしてしまう、どこか憎めない。。。なかんじが微笑ましいったらなかったけど、
(変顔もぴったり。)なんとも完成されたキャラでもあるなぁ~ってつくづくこの薫には、惚れてしまっていることに、今更ながら気がついたってかんじでした。(笑)

そんな意味でもこのリーガルハイは、古美門、黛、服部(里見浩太朗)の3人が醸し出す雰囲気が中心で描かれていかなければならないし、ツボにもなってくるところなのだけど。
ガッキーの黛真知子は超お気に入りキャラでもあるので、まさに名は体を表すということでも「まゆずみまちこ」ってかんじがしてますが、、数あるドラマ中でもBEST10には入るお気に入りからも、できたらもっと黛君を出していって欲しいなぁ~っていうのが本音でしたね。
まぁ新たなキャラクターがどう生かされてくるのだろうってところがこれからの問題なのかなぁ~。

TOP