SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

中田ジャパン決勝へは1秒の差というかんじで残念であったが、やってくれそうなチームになりそうですね。♪




長澤まさみちゃん、アンダーアーマーのイメージモデル・キャラクター。かっこいい~♪

半沢直樹 第6話 感想

「5億から120億!東京で、倍返しなるか本店に異動した半沢は巨大な敵と戦う!!」

(あのさ~まとめる気がないドラマ感想になってしまったけど、まとめる気がないまま書くと、後でブログ的に後悔することになるので、失敗した~っていうか、もう、読みずらい感想です。感想はこのドラマは特に短くしておこうっと。)

 

以下読まないで。(笑)

ちょっと迫力もあり過ぎて、、、見るのは大変なこのドラマ。
手に汗まではかかないとしても疲れることから、軽い感想がちょうどいいと思う。
それにしても、まるで、大河ドラマを見ているような優雅なナレーション。(笑)
説明がしっかりされて、わかりやすかったけど、それほどメンドクサイドラマでもあるってことでもあったりもする。

まぁ結局、最後にはトカゲのしっぽ切りになりってことで、、その暗闇にいるラスボスは、やはり、大和田常務(香川照之)だとわかったけど、こうも早く半沢(堺雅人)との対決の火ぶたを切るとは思わなかった。
話しの内容は簡単に言えば、前半と同じかと思うけど、融資額が多くなったことぐらいが違いでもあって、
それほど変わらない内容になっていたようにも思える。

問題点は今回もやはり身内との癒着が問題であって、前半の東田(宇梶剛士)と浅野支店長(石丸幹二)の関係となんら変わらないとは思うだけど、裏で操っている人間がどうも宿敵な大和田ってことかな~?。
無理な融資をさせて、その見返りをもらっているのかは、わからなかったけど、
東京中央銀行の存続問題にまで発展する、回収不能な融資をなぜしたのか、単なる派閥争いな話なようにも思えたりもしたけど、そこまでも愚かなことをしているっていうのも、アホらしい~話でもあって、ちょっとばかりがっかりしてしまう内容だったかなぁ~。
悪の上に悪がいるっていう構図は、疲れるし、さらに単なる派閥争いとか・・。
8話ぐらいで終わってしまうドラマなのだろうから、(それほどネタはないはず。)
あれこれ会話を膨らませるところが見どころになってくるのでしょうね~。

細かいところはどうでもいいし、ちょっとあまりあれこれいらない部分も描き過ぎているかんじなので、見るのも大変な気もする。

お茶の間でくつろいで見るというよりか、むしろ、くつろげないし、戦っているようなそんなかんじになってきていると思うんだけど・・・。

面白味が大幅に時間を拡大しているので薄まってきてしまっているのも、もったいないってかんじだし、さらに疲れるのでまとめて普通に放送した方が、見やすいんだけどなぁ~。

あの数字を覚えるところは、、どうもねぇ~無理があったし、二つのストーリーをつなげるだけでも、中身が薄まってしまっていた。

後は、あのにらみっこなラスボス大和田な会話も、腹黒すぎるってことでもこの先、、疲れる話が続くのだろうか?

ともかく、娯楽番組なのだろうかぁって今更言ってもしょうがないけど、(笑)

迫力さだけ?みたいで、、、ちょっと引いてしまうかんじ。

話はちっとも面白味がわかないんだけど、追い詰めたりはかせたり・・の連続も疲れるし、見どころは、えげつないっていえばえげつなくて・・半分どうでもいいかも。

てっことで、えへ!ってなところはいらいないし、時間を短くしてほしいし、話を広げている面もいらないし、見どころはなんなのか、ちっとばかりわからなくなってきたけど、娯楽番組じゃないことは確か。

もう面白さ半分、つまらなさ半分なドラマはそこそこ困るし、相性が悪いようなのでこれからこのようなドラマは注意して書かないようにしよ~かなぁ~。

まとまらないので、長々としたものになってしまった。

ともかく、このドラマ、ちょっと面白くて、なんかつまらない。(時間が長いからかなぁ~。月9ももう、感想パスかも。。。サマーヌードとは言えやはりガキぽさや、乙女チックさは子供向け過ぎかと・・。夏休みだしね。)

半沢直樹 第1話 感想
半沢直樹 第2話 感想
半沢直樹 第3話 感想
半沢直樹 第4話 感想
半沢直樹 第5話 感想

TOP